羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

UHER SX208 ②

エッジ到着までの間に内部観察します

UHER SX208A

マグネットが大きくて外すのに工夫が必要でした

UHER SX208A

UHER SX208A

異様に大きいマグネット、でかけりゃいいってもんではありませんがFW100に抱いていた憧れの様な感情が満たされていきます

ユニットには「SANYO」の刻印が見えますがユニットの外販かも知れないのでこの時点ではSANYO製とは判断できません

 

UHER SX208A

チクチクしそうなグラスウールよけるとネットワークが見えてきます

部品は反対側に付いてますね、基板はなんとか外れそうではありましたが何せ小さいので裏板を取った方が作業性は良さそうです

 

UHER SX208A

ビス外してレンチ掛けてご開帳

シール材のブチルが「ねちょ~っ」とこんにちは

(((((((( ;゚Д゚)))))))ヒィィィィ

 

よく取れたなと感心しながらつづく