羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

スピーカー

何とかしてCS-X3を作る ③

ネットワークは初期型を使います 外したコンデンサ計っても意味は無いのですがブログのボリューム稼ぎ (^^♪ でけた コンデンサが遊んでるけどぎゅうぎゅうに吸音材入れるので問題なし バナナ化 ウーハーは初期型の使いました 後期型は抵抗値も問題ないのです…

何とかしてCS-X3を作る ②

おそらく後期型と思われるセットを見てみる 導通なし 反対側も死亡 なぜ? 引き出し線は両方共生きてる ちゅーことは(。-`ω-) 黒焦げですがな (ノД`)・゜・。 トッププレートとポールピースにもしっかりと焦げ目が 言うに及ばず 反対側もこんがり 一応初期型…

何とかしてCS-X3を作る ①

コンデンサの調達完了!よしメンテして納品だ! まず初期モデルを見てみると まじか?(;゚Д゚) 磁気回路落ちてる この状態で輸送されたんだ、ボイスコイルはダメだろう・・・ 明らかに接着剤少ない しかし外れても磁気で強烈に吸引するはずなのになぜ? 反対…

Pioneer CS-X3 ノーマル戻し

2台のX3メンテのためにまず手持ちのX3をノーマルに戻します 目的はコンデンサの回収 散々いじくったX3でしたが変える度に理屈通りの方向へは変化してくれるのですがどうも「とてもいい音」にはなりにくい、やはり超低能率ウーハーにLCだけでツイーター合わせ…

Pioneer CS-X3 Ver整理

スピーカーばかりで申し訳ないっす とりあえず時間かけずに直るもの優先で納品しなきゃ まず先日着弾したCS-X3なんですが初期、中期、後期と3バージョンありいじる都度投稿してきましたがバラバラで見にくくかつ自分自身の整理のために1ページにしてみようか…

audio-technica AT-SP50a 完成 終

しつこく取り組んだAT-SP50aもいよいよ最終回 中域のうるささを減らします とはいえツイーターの音色もあるので単にレベル下げても解消しないのでクロスポイント変えます クロスオーバー周波数上げます 一般的な10センチウーハーは軸上は10kHzまでレスポンス…

audio-technica AT-SP50a 完成 ①

しつこくAT-SP50aっす いつもならぶん投げてるのに「全集中」してます さて手持ちパーツも利用して12db/octでクロスさせてクロス点のディップが気になっていたのでツイーター逆相を試します これを逆に繋いでからで気づきます( ゚д゚)ハッ! ツイーター2個繋ぎ変…

着弾 20210426

KY氏ご乱心?いや壊れた? (;゚Д゚) いや、この時点で送り主は不明ではあるのだが 後期型だね こっちが初期~中期おかわりいただけただろうか? ツイーター潰れてるねまぁ直るだろうけど さて、何を何台作るのか? まぁいいや、ラーメンもう一杯食べさせても…

着弾 20210425

さて段ボールの中身は・・・ もうサイズと重さから「アレ」ちゅーのは見当は付くのでありますが 黒いね KY氏は初期private完成のため「S-X3Ⅱ」を探していましたが弾が少なく諦めたか? 鈍器ブームは70年代末、「CS-X3」は70年代末に発売なのでブームに乗って…

audio-technica AT-SP50a クロスオーバー変更 ⑧

多少の不整合には目をつぶって組み上げ特性を見ます ありゃりゃ?9kHzより上が出てない ±10dbスケールに拡大出てない 再度分解して配線チェックするも問題なしもっとも配線間違えてもこうはならない WaveGeneの設定を手動で変更してみる 1kHz 出てる 10kHz …

audio-technica AT-SP50a クロスオーバー変更 ⑦

大体部品揃った まんずアッテネーターの値決めるのにノーマルのコイル測ります 0.48mH・・・ ウーハー結構上まで使ってるね -3dbポイントは2.6kHz辺りツイーターのクロスと相まって中域の出すぎはクロスポイントの影響もありそうなのでここをきっちり分割す…

audio-technica AT-SP50a クロスオーバー変更 ⑥

あ~っ、もう(; ・`д・´)S-X3Ⅱの弔いなんて余計な事考えなきゃ良かった自分に腹が立つっす 2日連続GoTo秋葉原 コイズミ無線にコイル買いに行くだけだから路駐でOKっしょ ピッタリ1時間で帰社 まだ冬タイヤのままだから首都高でペース上げるとフロント逃げるね …

audio-technica AT-SP50a クロスオーバー変更 ⑤

さてと S-X3Ⅱばらしてコイル抜くか 錆がひどくネジ頭の溝が無いリベット状っすな 割って取り出した もちろんコイルも引き出し部は錆びてるだろうと思ってました、でも巻き始めにリード足せれば何とかなるだろうと思いハンダを外してから接着されたコイルを取…

audio-technica AT-SP50a クロスオーバー変更 ④

ネタ切れそう・・・(;´・ω・) しばらく細切れ投稿します 晩酌すると眠くなる体質なので平日ステレオ弄りしないもんで土日しか作業しないんですよ よく今まで書けたな さてAT-SP50aですがレベル調整を固定アッテネーターで行うことにしました 手持ちじゃ組めな…

audio-technica AT-SP50a クロスオーバー変更 ③

もう耳じゃ詰め切れないと判断 F特見てみました 新しい測定環境1メートル離れて1ワットなんか入れたら迷惑行為甚だしいのでカッティングマットで距離を決めます PCはSZ5のセットアップまだなのでNX2っす充分です やはり2kHz手前から強烈に上がってます スケ…

audio-technica AT-SP50a クロスオーバー変更 ②

まんず開けたので各部ご紹介 吸音材は「金魚フィルター」っす 扱いやすいんだけど手で持った感じあきらかにコットンやグラスウールより音吸わないよね 持て余してるコットンに交換するっす ターミナルも弱点らしくよくWebで破損個体を見かけます 交換の際ね…

audio-technica AT-SP50a 入庫点検

audio-technica AT-SP50a 詳細一切不明 鈍器マニアに一定の人気があって存在を知ってはいました 例によってヤフオクの「あなたへのオススメ」に表示され気になって見てみるとかなりの上物即決で相場の2,000円高で出てたのでウォッチしとるとじりじり下がり始…

Pioneer S-X3Ⅱ

ある日、娘氏 パパ、なんかすんげ~重い荷物来たよ 父上、大変重い荷物が届いております ワシ どれどれ? 送り状にはスピーカー使い回しの箱にはパナと殴り書き なんじゃ? もちろん注文した覚えはない 持つとかなりの重さ鈍器SPの中でも上位だろう SBシリー…

密閉スピーカーのアコサス化実験 ⑤

準備不十分ながらも周波数測定の練習であります 接続治具の抵抗部にジャンパつないで電圧駆動状態にします カーナビのハンズフリー用マイクをPCのマイク入力に突っ込みます 全然ダメ ・指向性が強い・低音全然拾わない・弱音も拾わない この特性ってハンズフ…

密閉スピーカーのアコサス化実験 ④

まずターゲットを探します SB-F3記憶では小型鈍器の様に「みっちり」吸音材は入っていないと思い込んでましたがちゃんと詰まってますね まあいいや、せっかく開けたんだからこれで実験 ノーマル状態 ここで不安が的中 ・レベル合わせがうまく行かず蚊の鳴く…

密閉スピーカーのアコサス化実験 ③

吸音材によるF0の変化はケータイオッシレーターと抵抗、テスターで測る事ができました 次はインピーダンスカーブと周波数特性見たくね? ちゅーことで準備します 接続治具 抵抗の後はA/Dに行くのでピンジャックにしときました ターミナルは前にでっち上げた…

ひとやすみ

当事業部のワイヤレスシステム(BT&S-A60)のSPがSB-F3からMarantz LS1040に変わりました DSLでドライブするとSB-F3も凄いのですが凄すぎて緊張感を強いられる場面もあって疲れることもあるっす LS1040に変えるとややウェットで艶のある音色が気持ちを70年…

Marantz LS1040 ③

ウーハーコーン押してみると空気ばねの反発が弱いエア漏れを点検しても異常なし よく考えると振動板面積に対しキャビネット容積が非常に大きい アコサスとしてではなく標準的な密閉エンクロージャーとして動作してると思われます でも一応吸音材の試験はして…

Marantz LS1040 ②

では内部観察 エンクロージャー内部 吸音材はフェルトが「ふわっと」入ってます 外観仕上げはビニールシートAV向けに狙った意匠なんでしょうけど入魂の5/7から見ると残念であります ウーハー LS-5Vと同じに見えます、まぁほぼ同じなんだろな ツイーターも5…

Marantz LS1040 ①

Marantz LS1040 1995年 28,000円 TAMON(旧アイデン)伝統の10センチ2WAYスピーカーであります マランツブランドでも数機種出ておりちょっと整理してみましょう ■発売と大きさ■ LS-5A 1988年 128×204×121 LS-7V 1990年 128×204×163 LS1040 1995年 138×204×21…

密閉スピーカーのアコサス化実験 ②

さて、抵抗とアンプ、オッシレーターの準備はできたのでターゲットを決めます Pioneer S-X10 売りに行く当日朝に作業 あまりのローコスト化ゆえ吸音材がL字に入っているだけなので変化を見るのによい材料と思いますた これしか入ってない 一袋詰めようとしま…

緊急購買、兼市場実態調査

スピーカーのアコサス実験の候補になりそうなヤツ考えてたらMarantzのLS-5V 思い出した limited-junkroom.hatenablog.com これも確か吸音材を「ぎゅうぎゅう」に詰め込んではいなかった これも候補だなと考えていると上位機種の「LS-7V」思い出しました 色々…

Pioneer S-X10の価値

プライベートシリーズ蒐集・・・までいかねーな、収集中にくっついてきたS-X10ですが実は2組ありまして ワシのところで低音出すのは成功したのですが低音出しただけで他のクォリティーはイマイチどころか使いどころに困る始末 クロスオーバーネットワークい…

密閉スピーカーのアコサス化実験 ①

以前投稿した「スピーカー技術の100年 Ⅲ」に記載のあった 「完全密閉のエンクロージャーに吸音材を多く充填して、空気の伝搬速度を断熱変化(344.8m/s)から等温変化(292m/s)に変え、見かけ上の内部容積が1.4倍に拡大した効果が見込める」 これが気になり…

KY氏からの挑戦状

Pioneer S-X10 1980年 26,000円 (二本) プライベートシリーズの最廉価モデルっす 1本だと13,000円なのでまあ、うん、過度な期待は禁物であります 重さは3.8キロ鈍器のコイツが3.4キロ さて挑戦状の内容ですが 氏:「スカキンで低音なし、どうにもなんない…