羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

Pioneer PL-X50 3台目 ②

次は針先チェック

f:id:limited_JunkRoom:20210412083334j:plain

僅かに摩耗痕らしきものが見えますがまだ使えます

 

f:id:limited_JunkRoom:20210412083630j:plain

前面フタは洗剤で洗った後、透明部の擦り傷をプラクリで磨きます
傷は取れました

 

f:id:limited_JunkRoom:20210412083858j:plain

緊張の針取り付け
いやぁ、付けにくい

 

f:id:limited_JunkRoom:20210412092230j:plain

完成!
まずまずキレイ

 

f:id:limited_JunkRoom:20210412084209j:plain

音だしOK!
いい音出てる

これでPL-X50の巻きは終了

使った感想なんですが

・とっても使いにくい

レコードが乗せにくいったらありゃしない
乗せるときは上の写真よりまだ手前にせり出すんですが

f:id:limited_JunkRoom:20210412084527j:plain

この操作部の出っ張りが邪魔
盤すりがち

そんなんお前がぶきっちょだからやろ!
と言われてもしょうがないんですが

f:id:limited_JunkRoom:20210412084722j:plain

下にはスピンドルシャフトがあるんですね
当たり前っすが

操作部とスピンドル間は2センチあるかないか
この隙間に盤を平行に保持してセットしなきゃならん

操作部下面に不織布でも貼ってくれれば良かったのにね

 

・ホコリが付きやすい

聞いてしまうならさほどでもないんですけど
「ごはんよ~」なんて呼ばれて聞いてる途中でもいちいちしまわなきゃならん

でもおもちゃとしては大変楽しゅうございました

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp

Pioneer PL-X50 3台目 ①

そろそろ本格コンポ弄りたいけど依頼品仕上げなきゃ片付かないよぅ

と、ちまちま手入れしてるところに新しい患者さん搬入

 

f:id:limited_JunkRoom:20210411165749j:plain

Pioneer PL-X50 1981年 39,800円

 

じつはこの個体が1号機

動いていたので当事業部に入庫することもなくオーナーの下で仲間がそろうの待っていたのですが

「だんだん動きが重くなってきた」こっちも頼むと入ってきました

2号機で言葉足らずのとこも補完して投稿します

 

まぁグリスとベルトで行けるっしょ

モードベルトは在庫で賄うとしてターンテーブルベルトも替えときたいよね

 

f:id:limited_JunkRoom:20210411170851j:plain

無名のショップベルトもナガオカも尼での実売価格はさほど変わらず、これも1,400円ちょいかな

 

f:id:limited_JunkRoom:20210411171442j:plain

やはり「みたらし」状にグリスが変質してます

 

f:id:limited_JunkRoom:20210411171636j:plain

前回写真に収めてなかった「ローディングメカの上カバー固定用の爪をロックするねじ」あ~ややこしい、自分の語彙の少なさを思い知るっす

反対側にももう一本写真の右上にあるっす

 

今回もこのねじは撤去
いらないもん

 

f:id:limited_JunkRoom:20210411171939j:plain


これじゃ比較にならないけど小さいほうが新品の「ナガオカ B-27 直径170ミリ」

付けてみたけど少し小さかったかな
たぶん「ナガオカ B-29 直径180ミリ」が合うと思う

今回はこのまま行くっす
ゴムだから伸びるしね

 

f:id:limited_JunkRoom:20210411172409j:plain

ターンテーブルに謎のねじ

 

f:id:limited_JunkRoom:20210411172445j:plain

小径アルミプラッターだとイナーシャ稼げないのか鉄のリングを留めてる、そのネジでした

 

f:id:limited_JunkRoom:20210411172603j:plain

シャフトは機械油ではなくモリブデングリス

抜き差ししても潤滑、気密とも問題なくそのまま再利用しました

 

f:id:limited_JunkRoom:20210411172840j:plain

前ふた&パネル&電源スイッチ

薄い傷が何本かありますがプラクリで消せる程度

 

f:id:limited_JunkRoom:20210411173207j:plain

シート固定

すこし頭使って斜めに貼ります
両面が無い部分を少なくするためっす

 

f:id:limited_JunkRoom:20210411173347j:plain

EPアダプター「カランコロン」「ないない」対策も実施

元々のテープ痕もあった
取ろうとしたけどしつこくて下地に艶が出始めたのでやめました

 

つづく

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp








 

Pioneer S-X3Ⅱ

ある日、娘氏

パパ、なんかすんげ~重い荷物来たよ

父上、大変重い荷物が届いております

 

ワシ

どれどれ?

送り状にはスピーカー
使い回しの箱にはパナと殴り書き

なんじゃ?

もちろん注文した覚えはない

持つとかなりの重さ
鈍器SPの中でも上位だろう

SBシリーズじゃない

 

f:id:limited_JunkRoom:20210408131119j:plain

これか・・・

 

f:id:limited_JunkRoom:20210408131211j:plain

Pioneer S-X3Ⅱ 1982年 18000円/1本

そういえばKY氏が初期privateコンプリート目指してるの忘れてた
メンテナンス依頼品だな
よっしゃ、ラーメン1杯GETだぜ

しかし汚ぇ~な
写真では写らないけど得体のしれない粉にまみれてる

(;´・ω・)

 

f:id:limited_JunkRoom:20210408133925j:plain

先ずはツイーターネットの潰れてるほうから

 

f:id:limited_JunkRoom:20210408134050j:plain

ゲッ!

(; ・`д・´)

f:id:limited_JunkRoom:20210408134156j:plain

これ、ちょっとの水没じゃなくて長期間野外に放置されてた感じ

 

f:id:limited_JunkRoom:20210408134400j:plain

ウーハーもコイルタッチしてる
振動系全体がゆがんでる感じ

 

f:id:limited_JunkRoom:20210408134546j:plain

錆もすごいが吸音材の入り方も変
どこかで開けられてはいる

その吸音材もコットンとは思えない硬さ

 

f:id:limited_JunkRoom:20210408134740j:plain

f:id:limited_JunkRoom:20210408134801j:plain

f:id:limited_JunkRoom:20210408134815j:plain

コンデンサーは2個とも4.7μFでした



以上をもちまして

終了~っ

※廃棄

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp

 

 

TASCAM US-1×2HR ②

f:id:limited_JunkRoom:20210408084956j:plain

では測定用のインターフェイスとして使います

入出力直結で問題なく動きました
(;^ω^)

 

分解能の設定がうまく行かない件ですがFFTのサンプル数を4096にしていたため11.72Hzステップになり300Hz以下を見るとき不足していました

f:id:limited_JunkRoom:20210408090755p:plain

 

f:id:limited_JunkRoom:20210408091450p:plain

FFTのサンプルを65536にセットし65536用の信号ファイルを発振側に読ませると0.73Hzステップになり全体の特性を見るにはまず十分っすね

 

前回FFTのステップを上げても分解能が取れなかったのは信号のセットが間違っていました
4096ステップ用の信号ファイルを読ませてました

f:id:limited_JunkRoom:20210329085909p:plain

開発者様のHPを読み直すと

連続スイープで正確に計測するには65536ステップで10時間以上必要になります

 そこでFFTの分解能に合わせたスイープ信号を用いることにより短時間でも正確に測れるようにした・・・と無い頭で解釈しました

 もう一つ上げて131072にすると0.366Hzステップまで上げられます

 

で、見たかった300Hz以下の結果は

f:id:limited_JunkRoom:20210408105400p:plain

十分でございます

 

いずれの結果も超低域が落ちてますね

100Hz以下で見てみると

f:id:limited_JunkRoom:20210408105756p:plain

オーディオインターフェースの入出力直結なのでこれがUS-1の総合特性

低域はわざと落としてるんだろうな、ポップノイズ等でウーハー飛ばさないように

計測用としちゃ不満もあるけど本来の使用目的じゃないから我慢するっす

 

f:id:limited_JunkRoom:20210408110328j:plain


せっかくだから鳴らしてみた

うん、まあ、鳴った
OTGでも動くね
2496対応だから手持ちのHi-Resファイルも鳴った

変な音もしないけど感動もないな

使用目的が簡易MIXだからこんなもんだろな

あと残念だったのが入力ボリュームは前面しか効かない、ので場合によるけど前面入力使わざるを得ない時もありそう

6.3フォンプラグ⇔RCAジャック使うの気乗りしなかったけどしゃーないっすね
 

 おしまい

 

 

別館

 

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp

TASCAM US-1×2HR ①

f:id:limited_JunkRoom:20210407203916j:plain

TASCAM US-1×2HR

USBオーディオインターフェイスっすね

PCのHP出力使って計測するとノイズが乗ってどーにもこーにもならんので導入しました

 

まずは御開帳

f:id:limited_JunkRoom:20210407204221j:plain

おもて

 

f:id:limited_JunkRoom:20210407204238j:plain

うら

 

この手のオーディオインターフェイスは沢山あるのですが入出力がXLRとTSRばかりで、もちろん変換すれば良いのですがオーディオ計測にはちと使いづらい

こいつは入出力にRCAがあるので手間が省けると飛びついたんす

 

え~馬鹿だから通電前に構成を見たくなりまして

 

f:id:limited_JunkRoom:20210407205400j:plain

なかみ表

 

f:id:limited_JunkRoom:20210407205427j:plain

中身うら

 

 

f:id:limited_JunkRoom:20210407205619j:plain

DSPチップらしい

 

f:id:limited_JunkRoom:20210407205645j:plain

A/DとD/A

 

f:id:limited_JunkRoom:20210407205757j:plain

型番は検索しても出てこないけど発振子を2個抱いてるのでクロック生成やろね

 

f:id:limited_JunkRoom:20210407210028j:plain

これは電源の石

 

f:id:limited_JunkRoom:20210407210110j:plain

マイクアンプはUTC072だからTL072のUTC(台湾セカンドソース)版やろね

 

f:id:limited_JunkRoom:20210407210302j:plain

信号経路にたくさん使われてるOPAMPは4580の台湾Ver

UTCの実力は知らないけどここはせめてJRC使ってほしかったな

 

なにはともあれ此奴を入出力に計測関係を再構築してみまっす

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp

Marantz CDA-94

f:id:limited_JunkRoom:20210405204558j:plain

Marantz CDA-94 1986年 150,000円

TDA1541が好きで導入した1台です

以前にも書きましたがSONY CDP‐333ESDの生々しい高解像度の音、LUXMAN D‐500Xs’の重厚かつ生々しい音に対し

場面によって少し硬く聞こえいまいち惚れ込めず代替品を探していました

そして替わりになるとは思ってもいませんがES9038Q2M搭載のローエンド機「D10s」をお試しに入れてみて課題山積ながらもその解像度などの進化は聞き取れたので比較としてCDA-94に戻しました

戻しての最初の感想が

次元が違う
話にならない

もちろんCDA-94の圧勝

過剰とも思える演出のSONYLUXMANと異なり非常にモニターライクなCDA-94は前者のような作られた魅力ではないので気づきにくいですがTDA1541の魅力を引き出してます

これはES9038Q2Mが悪いんじゃなくてワシの比較が悪い
現代にてES9038Q2M相当チップ搭載のCDA-94相当のDACを今作ったら「ひゃくまんえん」の時代なのでワシには手が出ないっすけどねw

もちろんCDA‐94は1986年のロートルなので24/96も聞けないので何かしらのハイレゾ対応は必要なんですがCDA-94を見直す機会になったのかな

 

おしまい

 

 

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp

着弾 20210406

f:id:limited_JunkRoom:20210405200401j:plain

どーすんだよ、コレ

KY氏はODちゅーと見境なくなるからなw

 

f:id:limited_JunkRoom:20210405200541j:plain

重要文化財保護

 

f:id:limited_JunkRoom:20210405201313j:plain

いつものアレ

 

といつもの流れで「ふぅ~ん」と流してると

 

 

f:id:limited_JunkRoom:20210405201501j:plain

こう来たか

50歳以降でないと分からんネタ放り込んできました

富士カセットノベルティー

この頃はYMOをメインキャラクターに起用しておりまして抽選で配布されたミュージックカセットっす

富士カセット用に作られた曲「磁世紀」が収録され当時のコレクターズアイテムですね

さっそく聞いてみます

 

f:id:limited_JunkRoom:20210405202132j:plain

A面はダミアン君で

 

f:id:limited_JunkRoom:20210405202227j:plain

B面は555ESⅡで

 

うはははっ、YMO好きのおっさん羨ましいやろ?

テープ(ER)の状態も文句なしです

何故か?

内容がつまらん対談で終始して

「こんなん2度聴くやつおらんやろ」

とおもいました

だからテープの状態いいんだね

 

しかしながら厨房の頃の聞けなかった音源を数十年越しに聞けるのは幸せでありますね

 

おしまい

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp