羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

audio technica AT-DS7 ②

f:id:limited_JunkRoom:20201022112634j:plain

f:id:limited_JunkRoom:20201022112728j:plain

おたのしみの瞬間

お皿はこれ

 う~ん

ぶっとい

その太い音が前に飛んでくる

こりゃ楽しい

安定感抜群、多少の反りにも全く動じない針圧設定の賜物!

ノイズも少ない、これも3.5グラムで溝をえぐるから多少の荒れにも影響されにくいのかな

 

これDJだけではもったいないよ、古いJAZZ聞くのにもいいと思う

70年代の洋楽にももってこいですな

 

良いところがあれば悪いところもあるのが世の常でありますが
悪いちゅーより物足りないのが高域再生

高出力(9mv!)のためにコイル巻き数が多く内部インピーダンスが3.5kΩあります、ちなみに先日のAT-ML140が2.5kΩ
じつはこれも高めでEPC-205Cmk3では1.6kΩです

これが高域不足の原因で100kΩで受ければ改善しそうでありますがプリのSU-A6は負荷インピーダンス切り替えがありません

 

負荷抵抗だけのためにプリ交換するとバランス狂うしなぁ

あ!

フォノ2の入力を100kΩに変更すればよくね?

f:id:limited_JunkRoom:20201022130325p:plain

だめだ、負荷抵抗は初段FETに直付けだ

考えろ考えるんだっ

 

あ!

負荷抵抗100kΩに変更してフォノ1に切り替えたときパラに100kΩ入るように改造できるね

でもカートリッジ1個のためにやんないだろな

 

おしまい

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp

audio technica AT-DS7 ①

f:id:limited_JunkRoom:20201022084409j:plain

久しぶりに新品カートリッジを買いました
とはいえ30年前の奴なんで「デットストック」言う方が正しいかな

f:id:limited_JunkRoom:20201022084658j:plain

audio‐technica AT-DS7 1990年 8000円

こいつも資料出てきませんねぇ~

20年ほど前はDS3の黄色いのがドフに多量に陳列されてたのでそれの上級機かと思いましたがどうも異なるようであります

スペックは3も7もおんなじ

違うのは発売時期で

AT-DS7 1990年
AT-DS3 1994年

商品ラインナップ上の型番チェンジっぽいですね

f:id:limited_JunkRoom:20201022111859p:plain

見た目もまったく変わらんし

 

遡ると1988年にAT-DS5があるようですがコイルが異なる模様っす

 

針先は0.6milの丸針
針圧は2.5~4グラム(標準3.5)
となかなかタフな仕様っす

 

DJモデルなのでシェルはTechnicsのアレが似合うかな

f:id:limited_JunkRoom:20201022111218j:plain

f:id:limited_JunkRoom:20201022111254j:plain

ダメだいっぱいに掛けても2グラムちょい

 

f:id:limited_JunkRoom:20201022111722j:plain

とりあえず聞きたいのでLT-13aに付けて針圧はクリア

その音は

 

続く

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp

プライムセールでお買い物

いつもはセールごときで釣られないワシであるがメールに上手い具合に写真入れてきたな

f:id:limited_JunkRoom:20201020161400j:plain

ボールグリップ電ドラはベッセルが出してたのは知っていましたが発売時は品薄でプレミア付いてたのでアホらしくて忘れてました

これは模倣したパクリセカンドソース品w

Panasonicパクリ、贋作、セカンドソース品も良さそうでしたが

バッテリーが交換できないのに6,000円近くするので泣く泣く諦めました

使ってみるとなかなかのトルクでM3ネジには強すぎる位

もちろんクラッチなんか付いてませんので締まる寸前で止めるスキルが求められる逸品であります

あとロック状態のバックラッシュも気になります

こーゆーところはPanasonicは良いんだろうね
もし「松下電工」名で売ってたら買ったかもw

 

f:id:limited_JunkRoom:20201020162409j:plain

ライト付いてます
これは便利そう

 

f:id:limited_JunkRoom:20201020162446j:plain

そして最大の利点が充電方法

電ドラって充電器にせよアダプタにせよ付属品使っての充電がうざったくて当事業部では使わなかったんすよ

これはそこら辺のmicroUSB使えるので非常に使い勝手が良いっす

 

もうひとつは御覧の通りミニルーター

持ってたんだけどここ10年お姿を拝見してないのとそこそこお値打ちだったので購入

なのですが登場の機会は少ないのでまだ未開封っす

 

おしまい

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp

着弾 20201021

なにか重い着弾物が

何かな何かな

f:id:limited_JunkRoom:20201020143254j:plain

こっちかい!

内心MA-R20本セットとか期待して開けてみた

さてこのシリーズですが1~2冊とかだと
「懐かしいねぇ」
で終わりがちなのですが揃ってくると俄然資料としての価値が出ます

 

f:id:limited_JunkRoom:20201020143614j:plain

 

例えば私の大好きなAIWA S-A60でありますがWeb上にほとんど資料がありません、Hi-Fi Engineでロシアソビエト連邦版のカタログを見かける程度です

f:id:limited_JunkRoom:20201020144005j:plain

発売は1980年ごろと想像するのですがなかなか資料がみつからない

STEREO GUIDEの80‐81にも1981にも載っていない

 

今回着弾の1982年版でようやく素性が判明します

f:id:limited_JunkRoom:20201020144243j:plain

1981年3月発売で34,000円

学生さんをターゲットに頑張った価格設定がわかりました

f:id:limited_JunkRoom:20201020144540j:plain

この作りで「定価」34,000円・・・

( ゚Д゚)ポカーン

この頃は販売店マージン3割(一部値引きに使うので3割儲けにはならない)、代理店マージン1割とみても工場出荷額2万ちょい、しかも物品税ある頃だからね

やっぱAIWAスゲーわ

そして大好きながらもVRの故障で直せないS-A35の詳細も判明

f:id:limited_JunkRoom:20201020145428j:plain

f:id:limited_JunkRoom:20201020145452j:plain

S-A60から遅れること3ヵ月に24,000円で発売

 

もちろん「マイピース」シリーズ親玉の80シリーズも網羅されてます

マイナー機種マニアには有難い資料であります

 

もう一度1982年の表紙を見てみましょう

f:id:limited_JunkRoom:20201020145846j:plain

カートリッジ471機種

毎年2割がモデルチェンジするとしてとても集めきれない聞ききれませんな

それを超えるスピーカーも凄いけど

 

おしまい

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp

audio technica AT-ML140/OCC ②

さていつものように

シェルがありません

いつもシェル不足に悩んでいます

以前も悩んでいたらよっしーさんが
「それはシェルが足りないんじゃなくてカートリッジが多いのです」とご指摘いただきましたが

違うんですシェルが足りないんです

訳の分らんことを言っていると思うでしょうが本人は真剣です

 

どうにかこうにかオルソニックの安いシェルを都合して取り付けますが今度は

薄いナットでなければスタイラスノブが入り切りません

 

f:id:limited_JunkRoom:20201018125123j:plain

本来はテクニカのねじ切りシェルに付けるのでよくある普通の取り付けビス(禿薄頭)を下から差し込めば問題ありません

f:id:limited_JunkRoom:20201018125333j:plain

こーゆーの

 

今回もビスを下から入れれば問題ないのですが貫通型シェルの場合「どーしてもビスは上から入れないと気が済まない」んです

f:id:limited_JunkRoom:20201018125524j:plain

なんとか薄いナット探しました

ノブが浮いてるのはまだ反対側に厚いナットが付いてるからであります

 

f:id:limited_JunkRoom:20201018114344j:plain

ようやく試聴に漕ぎつけました

指定針圧でクリアランスは確保できたので一安心

テクニカの歴史を感じ取れるナイスサウンドです

所謂テクニカサウンドは大雑把に言うと
メリハリがはっきりしているが中高域が一本調子になりがち
※個人の印象です
※機種にもよります

これはAT10系からと思うのですが
AT150のベリリウムで派手さが加わりました

お次のAT-Eシリーズでは振動系が小型化されメリハリの良さは残したままずいぶんとナチュラルな方向に向かいました

続く今回のMLシリーズはAT-E系の良さは残したまま情報量が増え粒立ちが良くなって聞こえます

特別な特徴的表現が無いのはアルミカンチレバーの良さと思います

たぶんベリリウムの150はキラキラと派手目でボロンの170は剛直方向に行くのかなと想像してます

たいへん気に入りました

惜しむらくは交換針が終了していること

中古の市中在庫漁るしかないっす

テクニカさん、限定でもいいから交換針出してください

 

おしまい

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp

こんにちはML140/OCC

EPC-205MK3がお亡くなりになって少々がっかりしていると新しいお友達がやってきました

f:id:limited_JunkRoom:20201018114344j:plain

audio technica AT-ML140/OCC 1987年 18,000円

1985年のAT-ML140の巻き線、出力ピンをPC-OCC線材に変更したモデルです

シリーズの違いはカンチレバーの材質

140 アルミ
150 ベリリウム
170 ボロン
180 ボロン 小型化

現代の製品のようにわざわざ下位機種は接合針にして上位ランクに無垢針つけて値を吊り上げるような事はなく下位機種でも十分に満足・・・どころかベリリウムやボロンの音が好きではない人には一番の選択肢になるよい製品っす

 

これはヤフオクで落としたのですが出品者様が知ってる方で連絡欄より

「われ、limitedちゃうんけ?」
※多少誇張された表現になっています

と連絡があったときは驚きました

まぁ古いフォノカートリッジなどを売買する層は限られているので世間は意外に狭いのかもしれないっす

 

まずは現物チェック

f:id:limited_JunkRoom:20201018122939j:plain

ダンパ周りに繊維が付着してるわ
※科捜研風に読んでいただけたら幸いっす

 

f:id:limited_JunkRoom:20201018123122j:plain

取り除きました
どうやらダンパゴムが劣化して溶けかけているので繊維が貼りついていました

テクニカのダンパが溶けるのは珍しいです

少し不安になりましたが溶けているのは下面、荷重を受ける上面は大丈夫そうであります

振動系の印象ですが旧100シリーズより小さいです、これは前のシリーズであるEシリーズを受け継いだように見えます

溶けちゃったら最悪E30辺りのダンパが移植できるかもしれません

 

f:id:limited_JunkRoom:20201018123943j:plain

f:id:limited_JunkRoom:20201018123956j:plain

ボディーも長年の汚れが見えるので「例によって」プラクリで磨きます

 

f:id:limited_JunkRoom:20201018124052j:plain

f:id:limited_JunkRoom:20201018124107j:plain

多少ムラが残りますがきれいになりました

メッキが厚い印象です

続きは音出しチェックであります

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp

さようならMK3 (´;ω;`)ウゥゥ

ついにお別れの時がきました

よくいままで頑張ってくれたと思います

f:id:limited_JunkRoom:20201015131457j:plain

Technics EPC‐205CMK3

205C2とMK4針を出したのでMK3針付きのも出しました

写真は適正針圧の状態です

いよいよダンパーが死んで腹を擦りそうです

f:id:limited_JunkRoom:20201015140356j:plain

MK4針だとこの程度のクリアランスになります

 

もう一本はU205に付いてるのですがこれは触ってダメなのが分かります

有名なTTDD(Technics Temperature Defense Damper)※テクニクスのとってもダメなダンパー

劣化による寿命であります

 

MK3が一番好きだったのですがいよいよその時が来たっす

残りのTTDDはP310MCとP310MK2があります
その時が来るまでまで使わなくちゃ

 

f:id:limited_JunkRoom:20201018113510j:plain

MCの振動系をそのままMMに置き方ような円盤マグネット、スリーブにフェライトコアを配した異常に手の込んだ磁気回路などこれが70年代に生まれてたとは思えないほどの名作でした

40年、よく持った方かな

お疲れ様

 

おしまい

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp