羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

DSDを聞いてみた ①

絶好調なテンモニ

しかぁ~しまだ本気を出してない感が

 

f:id:limited_JunkRoom:20210616164935j:plain

そりゃそうだ

安物のBluetoothレシーバーで聞いてるんだもの

ここはTOPPING D10sに登場願います

コードは鬱陶しいし端末で音量変えられないのも不便だけどテンモニの本気を見るのにバッチリっしょ

ライブラリに入ってるCDDA音源で試聴

予想通り目の覚める音

次に思うのがDSDネイティブ再生のDACなのでDSD聞いてみたい

つーのも今まで買ったFLACファイルで感心したのがない
どいつも音量だけ馬鹿でかくDレンジ方向の抑揚がまるで感じられん

でもFLAC(PCM)が悪いなんて思ってない
だってCDDAだってGRPレーベルはいい音するもの

そこで目を付けたのがネイティブDSDファイル
録音時からDSDの奴ね
これなら録音後の加工はほぼ出来ないからコンソールアウトの音そのままだし制作側も本気だからいい音すると思うんだ

過去にはONKYO C-7050でDSF2.8まで再生できたのでフリー音源で聞いてはみたけどC-7050が古いDACだし「タダの音源」が楽しいはずもなく試しただけなんすよ

で再生手法はandroid端末で再生ソフトはUAPP、これをOTGでD10sに繋ぐ

これで仕様上DSF11.2のファイルまでネイティブ再生できるけどまず少しソフト買って動作確認するっす

 

f:id:limited_JunkRoom:20210616171058j:plain

DSF2.8の音源

商品解説にDSD録音とは書いてないしDSF2.8だからPCM録りかもしんない

 

f:id:limited_JunkRoom:20210616171348j:plain

ばっちり

ものすごくいい音

 

f:id:limited_JunkRoom:20210616171434j:plain

次はDSF5.6の音源
録音時からDSD

 

f:id:limited_JunkRoom:20210616171645j:plain

これもOK

これは凄いね、演奏者が歩いて椅子に座り演奏を始める空気の動きを感じる

聴くんじゃない、感じるんだ

驚いてオクサマに聞かせたら

「大変良い音ですがチェンバロはこんなにでかい音はしません

と教えられましたw

 

f:id:limited_JunkRoom:20210616172131j:plain

でDSF11.2ファイル
ジャケにDSDレコーディングと書いてある
今までオーディオのデモンストレーションによく使われたソースらしいので購入

f:id:limited_JunkRoom:20210616173347j:plain

これも再生できた、できると判っていても一安心っす
でもすごい時代ですよねSACDはDSD2.8だったんですよ
SACDの4倍・・・

 

f:id:limited_JunkRoom:20210616173448j:plain

他にフリー音源で落とした24/192のFLACも再生確認

 

最初の印象は
「PCMとDSD、どちらが良いとかじゃなくて違うものだね」

安物DAC、しかもバスパワー駆動なのによい音だ
CDDA音源でMarantz CDA-94と比べて悪いなんて言って悪かったよ

 

つづく

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp

SONY TA-F555ESXⅡ ②

んだばリアパネル外すか

f:id:limited_JunkRoom:20210614120232j:plain

リアパネル周りの処理で困るのがACコード
写真右の白黒っす

再組み立ての時に2センチくらい詰めなきゃいかんのだけどもコードストッパーが硬くて難儀するんですね

f:id:limited_JunkRoom:20210614121208j:plain

ストッパーをウォーターポンププライヤーで思いっきり潰して組んだらあっさり組めた、今回は楽だった、ほっ

 

f:id:limited_JunkRoom:20210614121549j:plain

けっこう肉厚で上手に叩ける自信ないっす

 

f:id:limited_JunkRoom:20210614121839j:plain

道具もなけりゃ腕もない、ここまでしか叩けなかった

 

f:id:limited_JunkRoom:20210614121957j:plain

ついでにリレーも清掃

 

f:id:limited_JunkRoom:20210614122111j:plain

表から

f:id:limited_JunkRoom:20210614122135j:plain

基板側

まずまず戻ったね

 

オフセット/アイドリングは前回調整済み
オフセットの確認だけ実施でOK

 

f:id:limited_JunkRoom:20210614122327j:plain

フォノ入力、CD入力で動作点検

 

f:id:limited_JunkRoom:20210614122636j:plain

サイドウッド付けて完成

 

Marantz LS-1040でしばらく聞いてたけどいい音だね

初代333ESXは「ド・ストレート」な記憶があるけど555ESXⅡは少しだけど「キラキラ」と輝きが乗って楽しいね

これでしばらく大丈夫だろ

 

筋トレのまき
おしまい

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp

SONY TA-F555ESXⅡ ①

f:id:limited_JunkRoom:20210613175046j:plain

SONY TA-F555ESXⅡ 1987年 128,000円

名機 TA-F333ESXⅡの利益回収モデルである

トランス追加して目につくとこのコンデンサ大きくしてヒートシンクをブラックアルマイト仕上げにして 「5万円UP!」

今でこそ333ESXの価値を理解できるけど学生の頃333ESXを使っていた時は

大変に羨ましく思っていたのであります


f:id:limited_JunkRoom:20210614093430j:plain

今回の患者

f:id:limited_JunkRoom:20210614094542j:plain



333ESXⅡ内部
※オーディオの足跡様よりお借りしました

 

 

当時のライバルは「NEC A10 TYPE Ⅳ」や「SANSUI AU-α707i」辺りと思う

老いたワシはこいつ嫌い
SONYプリメインアンプ史上最大の重量「27.8キロ」
まぁセッティングするくらいなら何とかなるが修理であちこち動かすのは大変

最近 e‐sports なるものがあるらしいがこりゃ a‐sportsだな

 

KY氏の依頼品で今回の入庫は2回目

1回目は持病の「フューズ抵抗劣化」でプロテクト解除しなくなり入庫
修理とメンテナンスしておいたのだが今回譲渡することになり点検すっと

 

f:id:limited_JunkRoom:20210614101501j:plain

SPターミナル陥没

f:id:limited_JunkRoom:20210614101541j:plain

こちらの写真が判りやすいかな

このままでも鳴るがいずれ半田割れするのか確実なので修正するのであります

 

つづく

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp

YAMAHA NS-10MX ③

話前後しますが10MX特有の注意点です

 

f:id:limited_JunkRoom:20210609125659j:plain

ツイーターターミナルが薄く長い端子

元々ここにリード線が半田されてるのでまずは切断するのですが強度がないので古いリード線を取るのに躊躇して

 

f:id:limited_JunkRoom:20210609125908j:plain

新しいリード巻きつけて

 

f:id:limited_JunkRoom:20210609130035j:plain

半田するのですが太くなってしまう

そんなに太くなってはいないけど10MXだけ防磁カバーが付いてて取付穴とのクリアランスが少なく入れにくくなる

なるべく古い配線は取り除いた方がいいと思う
その後はからげないで心線を穴に通して半田するか

もしくは外すときにリード線長くカットしてラジコンバナナで継いだ方がいいっすね

 

つぎの不具合は・・・
ツイーターガスケットが一つダメになった

f:id:limited_JunkRoom:20210609132350j:plain

AT-SP50aの時に買った5ミリ幅スポンジテープ

いいねこれ、どこでも使えるよ
こんな便利なもの紹介してアフィ貼らないなんて奥ゆかしくて品のあるブログですね

 

f:id:limited_JunkRoom:20210609135923j:plain

f:id:limited_JunkRoom:20210609135955j:plain

でけた
センターキャップの皺が悲しいけど経験値を積んだと思うことにした
したんだってば!

( ノД`)シクシク…

 

気を取り直してDSL側システムで試聴
ツイーターは逆相接続

予想通りクロス付近のハリは収まった
そしてウーハー並列のコンデンサ交換が効いたのかクロス点付近の雑味が無くなり大変聞きやすい

半面クロス点のレベルが下がったので相対的に高音が強く感じる、これも予想通り

最近SPいじりが上達したのか予想通りに変化すると楽しいね

んじゃ逆相が良いのかと言えばケースバイケースだろね
広い空間なら正相接続がいいと思う

高音が強く聞こえると書いたけどツイーターの質が良いからか耳障りな音はしない、キラキラとしたスパイスが効いて気持ちいいです

今回は大成功・・・
漂白処理を除けば・・・
( ノД`)シクシク…

 

おしまい

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp

YAMAHA NS-10MX ②

ついでSPターミナルとコンデンサー交換

なのでネットワーク外さなきゃ

f:id:limited_JunkRoom:20210609091259j:plain

グラスウール取らなきゃ
あ~嫌じゃ嫌じゃ

 

f:id:limited_JunkRoom:20210609091433j:plain

7ミリのコマで外します
結局この後グラスウールは外しました

次に分解することがあればコットンに替えてやる

 

f:id:limited_JunkRoom:20210609111331j:plain

 ターミナル交換します

ノーマル品はM5

探せばあるのかもしれないけど一般的に出回ってるのはM4かM8
なのでM4のターミナルで交換

うまい具合に固定できたし気密も問題なかったっす

 

f:id:limited_JunkRoom:20210609113054j:plain

ビフォーアフター

これでバナナプラグ使える

 

f:id:limited_JunkRoom:20210609114252j:plain

ウーハー並列のコンデンサをPARC AUDIOの10μFに交換

 

f:id:limited_JunkRoom:20210609114651j:plain

 コードはユニットに半田付けされてるのでカットしてます

そのまま半田付けしてもいいのですがラジコンバナナで繋ぎます

理由は最初の試聴の時「クロス付近のハリが強いな」と感じてたので逆相接続を試すためっす

f:id:limited_JunkRoom:20210609115609j:plain

収縮チューブかけると見た目も悪くないでしょ

 

f:id:limited_JunkRoom:20210609115810j:plain

小さい端子の固定方法であります

 

f:id:limited_JunkRoom:20210609121719j:plain

ネットワークはこれでOK

 

f:id:limited_JunkRoom:20210609121958j:plain

ユニットに付けるリード線作成

 

 

f:id:limited_JunkRoom:20210609122112j:plain

組み込んでグラスウール充填

 

f:id:limited_JunkRoom:20210609122317j:plain

接続部
まずまずの見た目でしょ

 

つづく

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp

YAMAHA NS-10MX ①

では本編突入であります

f:id:limited_JunkRoom:20210607145623j:plain

YAMAHA NS-10MX 1993年 64,000円 2本

 

 

f:id:limited_JunkRoom:20210608125655j:plain

実験的に漂白した後開けてみた

げげっ

Σ(゚Д゚)

生グラスウール!

※ワシ的表現

ここから先の作業はベランダで行わねば

 

f:id:limited_JunkRoom:20210608125923j:plain

漂白はキッチンハイター(塩素系)で行いますが

表面撫でただけじゃダメ
紙の内部まで浸透しないと白くならない

細い筆じゃムラになりまくり
センターキャップにしわが入りこの時点で後悔の念と以後の作業に対する不安が押し寄せる

f:id:limited_JunkRoom:20210608131526j:plain

それでもここまでの差になる

もう後へは引けないっす

他のサイトではスプレーしてる
ならば

f:id:limited_JunkRoom:20210608131425j:plain

泡キッチンハイターを本来の方法で使ってみる

 

f:id:limited_JunkRoom:20210608131720j:plain

うぎゃぁ~

出すぎじゃぁ~

慌ててふき取ったのがいけなかった
表面がけば立ってしまった

10Mサイトはもう少し詳しく書いてほしいなぁ

 

f:id:limited_JunkRoom:20210608205832j:plain

このタイプの霧吹きスプレーに泡じゃない普通のキッチンハイター入れてそっと噴霧するのがベストと思う

次の機会があれば試します

つぎは「チクチク」との闘いっす

 

 

別館

ONKYO Monitor500 ②

f:id:limited_JunkRoom:20210608083740j:plain

パワーアンプは当然ONKYO M-508に繋ぐ

小音量で聞くには少し低音不足なのでSU-A6のSUPER BASSをターンオーバー75Hzにセットしちょいとブースト

相変わらず「キラキラ」と輝いて「スパーン」と決まる
「キラキラ」輝くが薄っぺらじゃなくて質量感のある輝き

80年代ONKYOのグラマラスサウンド健在である

んだども低音が薄いな~
と鳴らすこと1時間、あの「ずむ~ん」と沈み込む、でも切れのあるマッシブな低音が戻ってきた

やはり準備運動は必要っす

 

さてネタ的に手ぇ入れるかやめるか?
ネット探してもネットワークの記事がほとんどない

このクラスだから主要部分はフィルムコンだし
ネット上の少ない写真から電解はウーハー並列側とインピーダンス補正に使ってるだけだね

気が向いたら(ネタ切れたら)分解してみます

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp