羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

ortofon VNL ③

f:id:limited_JunkRoom:20210111152519j:plain

なんとなく新旧交代っぽく

ホントはSL-1200MK2でシェイクダウンしたかったけどKP-880Dお楽しみ中のため片づけてるのでSL-1015で筆おろしならぬ針おろしw

 

f:id:limited_JunkRoom:20210111152650j:plain

最低地上高が低い
ここは外周のグルーブガイドが盛り上がるので今にも擦りそうですが

 

f:id:limited_JunkRoom:20210111152908j:plain

内周でもクリアランス少ないなぁ

針圧は既定の4グラム、上限の5グラムだと外周で腹擦るかも

写真ではケツ下がりに見えますが水平は出てます

 

であるならば一番ローコンプライアンス(ダンパが固い)な3番の針では

f:id:limited_JunkRoom:20210111153556j:plain

外周

これなら安心ですな

 

f:id:limited_JunkRoom:20210111154618j:plain

内周

これもOKです

ま、1番の針でも擦ることはないので問題はないです

 

さてその音は、1番から聞きました

えっ?

粗さも歪感もないとても良い音だよ

かといって上品に鳴るわけではなく重低音がばっちり出るパワフルサウンドはサスガDJ用

次は3番
というのもスペック上は1→2と2→3は差が少ないので判り易くするためっす

1番と比較すると低音が軽くなり中高域がわずかに硬くなりますが基本的には同じ質の音です、まぁゴムが違うだけなので当たり前ではあります

あと内周歪も少ない、意外!
4グラムの重針圧が効いてるのかな

 

さいごに使用感

すごく針が落としやすい

f:id:limited_JunkRoom:20210111160336j:plain

針先が見やすい、これもDJ用のいいところですね

 

最後に

オーディオ用としても大変おすすめできます

買ってよかった!

重低音が持ち味なので室内楽などは苦手かもしれませんがJAZZでもROCKでもリズムが入ってる音楽なら楽しく聞けると思います

そして今回は初回限定の3本パックを入手できましたがオーディオ用途なら1番の針でいいと感じました

 

VNLのまき、おしまい

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp

ortofon VNL ②

内容物確認しながら組み立てです

 

f:id:limited_JunkRoom:20210111150020j:plain

VNL付属品
見にくくてごめんなさい

ビス2本とナット2個

 

f:id:limited_JunkRoom:20210111150154j:plain

SH-4付属品
ビス類は

ビス2種4本
ナット2個
ワッシャー2個

 

f:id:limited_JunkRoom:20210111144438j:plain

シェル付属ビス(短)はワッシャー使うとほとんど噛まないのでNG、シェル付属ビス(長)は明らかに長くてNGですが写真用に付けてみました

 

f:id:limited_JunkRoom:20210111150519j:plain

 

あとVNL付属ナットがかっこ悪い

f:id:limited_JunkRoom:20210111150607j:plain

6角形の「ザ、ナット」
オーディオ的にはちとかっこ悪い
上に見えるのがシェル付属ナットであります

 

f:id:limited_JunkRoom:20210111150806j:plain

よってネジはVNL付属ビスを使いワッシャーとナットはシェル付属品を使い無事買ったものだけで取り付けられました

しかぁ~し、ピン配をご覧ください

色分けされてるとはいえ無茶苦茶ですな

ベテランなら

「白エル」とか
「白青に赤緑」などと覚えてるので大丈夫ですがシェルとリードが未組み立てだったり隣のM44-7をお手本に組み立てたら音出ない可能性あるよね

 

ワシも最初間違えがあったらいかんと思い取説見ると

f:id:limited_JunkRoom:20210111151458j:plain

マジでこんなピン配だよwww

 

f:id:limited_JunkRoom:20210111151544j:plain

よってあまり綺麗には仕上がりませんでした

 

次回、試聴に続く

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp

ortofon VNL ①

オルトフォンの新作

その名も

VNL

vinylから取った名と思いまする

 

f:id:limited_JunkRoom:20210111142042j:plain

自信ありげな名前からおかわりの通りDJ向けカートリッジであります

ユニバーサルな形状からお亡くなりになったSHURE M44のフォロワーである事も一目でわかりますね

すでにDJ畑の使用レポートは見かけますがオーディオ畑でのレビュー1号になりたいのであります
( *´艸`)

もう一つの購入動機が「初回限定の違う針3本セット」が音屋に残ってました、尼を見ると既に転売ヤーが3倍の価格で出してます、アホちゃうか?

 

もう一つ買ったのがコレ

f:id:limited_JunkRoom:20210111143044j:plain

ortofon SH-4

いっつもシェルが無いと騒いでいるので

あとDJ記事を見ると
ユニバーサルタイプはビギナーには敷居が高い
的な記述を見ました

そっか~コンコルドに慣れたビギナーDJさんの中には「組み立てること」に戸惑う人もいるんだね

だからVNLとシェル、買ったものだけで取り付けられるのかも試してみたかったのです

 

では御開帳~ (^^♪

f:id:limited_JunkRoom:20210111143635j:plain

針が3本付いてる (^^♪

ご丁寧に交換針にもちゃんと針カバー付いてるね

うんうん気が利いてます

 

f:id:limited_JunkRoom:20210111144118j:plain

3種類の針が付きますが違いはコンプライアンス、1がハイコンプライアンス、2→3と上がるに従いローコンプライアンスになります

 

f:id:limited_JunkRoom:20210111144438j:plain

発電部はモロにコンコルドタイプの流用ですね

 

f:id:limited_JunkRoom:20210111144531j:plain

スタイラスASSYをケツからのぞき見

テンションワイヤーは付いてませんね

 

次回、組み立ての巻

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp

アームの調整など

基本的な調整のお話であります

ここのところカートリッジへのラバープロテクタント散布の激変でとっかえひっかえしたりPC-200の譲渡でスペック調べたりして気付くことが多いです

まずはアーム高さ

基本はカートリッジ上面が盤に対し水平になるようにセットします

しかしラバープロテクタント吹きまくってた時はまず効果が見たく針圧だけ適当に合わせ聞いてました
※数あるアームの中で一番高さ調整が楽なEPA-250つかってるのにね

するとM44Gがとても良い音で鳴りご満悦でしたがアームが相当な「ケツ上がり」状態でしたので水平を出すと

あれ?さっきより悪い気がする

しかしながら飲酒状態なので「気のせいっしょ」と深く考えずに聞いてました

でもやっぱ違うよなとしらふの状態で検証してみます

 

f:id:limited_JunkRoom:20210104174615j:plain

おもいっきり「ケツ上げ」てスタート
内周で大編成コーラスの部分を再生し混濁具合を確認しながら高さを変えます

 

f:id:limited_JunkRoom:20210104174922j:plain

するとこの辺で混濁が一番少なく感じます

 

カートリッジで見るとこの位

f:id:limited_JunkRoom:20210104175029j:plain

これで最初に効いた印象の良さがあります

けっこうな「ケツ上げ」でしょ?
昭和の神奈川の走り屋みたいっすね

 

これたぶん

当事業部のM44Gに限った話

で別の個体では違う結果になると思います
ただ普通付ける時は大体水平出してから詰めていくと思うのですが「異常に古い個体」や「ばらつきの大きそうな製品」は大きく動かしてみると意外なスポットが出現するかもしれません

 

次は針圧、PC-200のお話
素性の知れない針使うときは
70年代のMM:1.5グラムから
80年代のMM:1.25グラムから
始めます
※MCは大概単売だからスペックは判る

1.5グラムから試聴を始めました
大変良い音が流れますが

適正針圧はどの位なんだろ

と思い検索すると最初に2グラムという数値が目に入ります

f:id:limited_JunkRoom:20210103154759j:plain

であるならば、と2グラムにセットするとどうも重苦しく抜けが悪い音になっちまった

もちろん個人のWebページの情報に文句付ける気などさらさらないですよ

もう少し検索すると

1.3~1.8グラム
1.5±0.3グラム

と2種類の数値が出てきました

なんだ、1.5グラムで良かったんだ

勘と耳は狂ってなかったようで安心

 

次が針先

PC-200は丸針
PC-400は楕円

オリジナル、互換針含め数種類持っていて過去の印象として200の針はオリジナルよりナガオカの方が情報量の多いはっきりした音だね

と思っていました、しかし古い針なのでコンディションの差と思っていたのですがPC-200譲渡の再に確認と思い市場(オクw)流通在庫を調べてたら判明したのが

ナガオカ「71‐200」は楕円であるという事

どちらかと言えばPN-400に近いのですが良い事なので問題はないしPC-400のユーザーに売っても問題ないよね

これも聴感と意外な事実が合致して一安心

長年取り組んでもアナログ道は深いのであります

 

おしまい

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp

TRIO KP-880D ⑦

さてKP-880Dも完成し引き渡しまで楽しみますがカートリッジどうしよう?

別にそこまでお世話する必要もないのですがJAZZマニア氏は機械が苦手な御仁

昔みたいに1~2万払って電気屋に頼めば出張取り付けしてくれる時代じゃないので多少おせっかいを焼かないと再生もままならないでしょう
※氏はレコードをお店に持ち込んで聞いてます

とにかくアナログ再生は最低限の知識が無いと聞くこともままならないのでJAZZマニア氏にはアナログ入門書を数冊読んでほしいものであります

んでいらないカートリッジは無いかな無いかな

 

f:id:limited_JunkRoom:20210104164315j:plain

ダイナベクター DV-50A 1981年 19,000円

試聴程度しか使ってないけど気に入らず放出しても惜しくない逸品であります
今回880に付けたら印象変わるかな?

f:id:limited_JunkRoom:20210103153940j:plain

う~ん (;´・ω・)
悪くはないしどの点を見ても標準的な表現力はあるんだけど

つまらん

※DL-103を耐えながら聞くほどつまらん
個人の感想です

なんかないかな

あったぁ~

 

f:id:limited_JunkRoom:20210103154759j:plain

Pioneer PC-200

知る人ぞ知る付属カートリッジの名品

79年ごろのPioneer入門プレーヤーの付属品

これなら3つくらい持ってるし何より

市場で未使用針がまだ入手可能であります

PN-200、400、600、800何でも付くはずです
400は付いた

これは本当に音がいい

付いてる針は「71‐200」とあるのでナガオカ互換針ですが実はこれPioneerが供給停止した後の純正指定品と聞いたことがあります、ですからオークションで探すときなどはナガオカ見っけたら買いですよ
それとオリジナルは丸針ですがナガオカの71‐200は楕円針なのでほぼPN-400相当なので大変よろしゅうございます

880との組み合わせでもじつにイイ

KPの特徴である骨太の低域に輝く高音が乗り大満足
これ付けて納品するべ

 

最後にシートにラバープロテクタント吹いて水洗い

f:id:limited_JunkRoom:20210104170735j:plain

 

ダストカバーは汚いよ

f:id:limited_JunkRoom:20210104170847j:plain

あるだけマシ
あとは次のオーナーに任せます

 

当時の880Dに対する高評価も体験でき楽しい取り組みでした

 

KP-880Dのまき

おしまい

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp

TRIO KP-880D ⑥

ご機嫌で試聴することLP3枚目

急に回転停止

手でプラッター回すと異常に重い

油膜切れや・・・

先の投稿で「全交換」なんて言いましたがモーターは大丈夫やろと未交換でした
もしかしたら最初回転しなかったのってモーター?

ねーねー、基板交換なんて
ワシ無駄なことした?

 

外してみると

f:id:limited_JunkRoom:20210103151956j:plain

f:id:limited_JunkRoom:20210103152018j:plain

グリス乾いとるやん
これじゃグリス循環しないね

動いてた方のモーターに換装しました

おっかないので少しモリトングリス足しときました

ほんとうは混ぜちゃだめだよね

ちなみにKP-800の方も過去に乾燥したので一か八か田宮のモリブデングリスに入れ替えてます、プラッター4キロ、シート3.5キロにスタビライザーと言う鬼仕様で10年以上問題なく回ってます

 

さて本体はこれでランニングテスト掛ければOKっすね

あとは適当なカートリッジ見繕ってやります

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp

TRIO KP-880D ⑤

次はキャビネットのお手入れ

 

f:id:limited_JunkRoom:20210103141459j:plain

ある程度分解しないと飾りリングは取れないのでこの際に外して天板とリングの「際」を磨きます、それとアームベースの際とリング自体も磨きます

他のところは後でも磨けるので狙ったところを集中的にプラクリ掃除

 

つぎはちゃっちゃと組み上げます
※言うほど簡単じゃないんですよ

f:id:limited_JunkRoom:20210103141809j:plain

うわ、適当に組まれてる

 

f:id:limited_JunkRoom:20210103141940j:plain

トランスの吊りゴムは溶けてません (^^♪

ラバープロテクタント吹いときました

 

f:id:limited_JunkRoom:20210103142039j:plain

こちらもドンガラにして

 

f:id:limited_JunkRoom:20210103142136j:plain

組んできます

 

f:id:limited_JunkRoom:20210103142207j:plain

アームコード周りは一苦労

 

f:id:limited_JunkRoom:20210103142312j:plain

やっと形になりましたがまだ底板は付けられません

この状態でオートストップの調整があるのです

カートリッジ仮付けして半固定抵抗を少しずつ回して調整

最内周2ミリ手前位で止まるようにして完成

 

f:id:limited_JunkRoom:20210103114225j:plain

プラッターも磨きました

アーム周りにくたびれた中古感は漂いますがまずまずっしょ?

引き渡しまで1200MK2にはお休みいただいて昔欲しかったKP-880Dを楽しみます

まだつづく

 

 追記

f:id:limited_JunkRoom:20210111141517j:plain

 

探したら出てきたシェル
まだあるかも

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp