羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

Technics SB-M5 ④

音は正常に出てその高音質を確認したので次のステップに行きます
SB-M5使い恒例?の儀式
サーマルプロテクターバイパスです

f:id:limited_JunkRoom:20190406173719j:plain

詳細写真撮り忘れましたがネットワーク基板のショートでOKです

f:id:limited_JunkRoom:20190406174758j:plain

配線をいじりながらふと気づきました

アッテネーターノーマル位置が0dbならいらないんじゃね?

はい躊躇なくバイパスします

これで完成です、よけいなもの取ったらさらにクリアになりました

次に各部紹介します

 

ウーファーは鉄フレームにプラリングの飾り

f:id:limited_JunkRoom:20190406175429j:plain

リニアダンパー

f:id:limited_JunkRoom:20190406175547j:plain

アルミハニカム振動板とドライブコーン

f:id:limited_JunkRoom:20190406175716j:plain

スコーカーバックチャンバー(泣)

f:id:limited_JunkRoom:20190406175821j:plain

スコーカーフレーム

f:id:limited_JunkRoom:20190406175903j:plain

ツイーターフレーム

 

f:id:limited_JunkRoom:20190406180608j:plain

エンクロージャー補強と吸音材の様子

f:id:limited_JunkRoom:20190406180833j:plain

いやはや徹底したコストダウンです

しかし私は大変良いことだと思います

音に直結する振動板にしっかりコストを掛けてます
基本に忠実な薄型大径マグネット、リニアダンパー、12db/Octのネットワーク
エンクロージャーも薄い板材ながら丁寧に補強しています
見た目重視で外観にコスト掛けて音が悪くなるより絶対いいです

個人的にはアッテネーターなんかいらないからスコーカーのバックチャンバーをもう少し、つか木で箱にして欲しかったな

ユニット取り付けも鬼目ナットが良かったですがまぁJBLよりゃ全然ましだからがまんします

これでSB-M5の巻はおしまいです