羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

TRIO / KENWOOD LS-10 ②

さて、チャッチャとウーハー外します

TRIO KENWOOD LS-10

こんな構造しております、定価27,000でよくがんばった

TRIO KENWOOD LS-10

げげっ、ハンダ付けされてる、しかも錦糸線とケーブルからげてハンダしてるよ、なにかの執念を感じますね

TRIO KENWOOD LS-10

無事外れました

TRIO KENWOOD LS-10

元のエッジはもはや炭化したかのごとく、またコーンはとても硬いのでゴリゴリそぎ落とします、2本で10分も掛からず落とせました

 

ここからフレーム側の清掃に移りますが毎回アセトンやトルエン使ってたら頭が悪くなりそうなので

IPA

IPAでチャレンジするも・・・

じぇんじぇんダメ

トルエンぱいせ~ん

代替トルエン

トルエンは昨今入手難ですが混ぜ物してあれば販売OKみたいっす、これはトルエン95%です、接着剤溶かす役目なら十分活躍してくれます

トルエンググると「最近の接着剤、塗料はトルエン非使用だから使わなくてもなんとかなる」的な事が書かれていますが、こちとら最近の製品なんか扱ってねーんだよ、バーロー、と言いたくなりますね

さてプッシュプル換気をして 有機溶剤作業主任者取得していますよ

TRIO KENWOOD LS-10

一発っす、さすがトルエン先輩っす

TRIO KENWOOD LS-10

つるつるッス

カスを掃除機で吸うと掃除機がしばらくトルエン臭くなって家族に怒られることがあるので気を付けましょう

 

エッジを当ててクリアランスなどを確認しましょう

TRIO KENWOOD LS-10

おおっ、コーン外周とロール内周はほとんどぴったりです、ほんの気持ち、1ミリ無い位ロール内周が大きいかなと言う理想のサイズ、外耳・・・医学っぽいなこれじゃ、そとみみはカットが必要です、全周じゃないのでコーン側貼ってから切りましょう

つづく