羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

TRIO KENWOOD LS-10 2台目 ②

TRIO KENWOOD LS-10

前回同様エッジカスは炭化状態、ゴリゴリはぎ取って

 

TRIO KENWOOD LS-10

TRIO KENWOOD LS-10

水性ボンドぬりぬり

 

TRIO KENWOOD LS-10

裏からエッジ圧着
コーン外周とエッジロール内周がぴったんこなので実にきもちよく決まります

 

TRIO KENWOOD LS-10

センター出ししてそとみみカット、フレームへ貼り付け出来上がり

 

TRIO KENWOOD LS-10

2本目、コーンとエッジ貼り付け後センターを確認しますが

どうやってもコイルタッチする

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

 

どうやら店頭でコーンを強く押されボビンが変形している模様

いつもならユニット分解するのですがコイツは難易度が高いっす、センターキャップ周辺見てください

アクリルかエポキシか判りませんが接着剤充填しています、溶剤で溶けないので安全にセンターキャップ外せません

ユニットが綺麗に直るか否かはセンターキャップが外れるかで決まります

ほんとTRIO・KENWOODは接着剤使うの好きだよな~
(・д・)チッ

ふと思い出したのが部品取り機、セーム皮攻撃を受け使わなかったので放置中のハズです、さっそくオーナーに確認すると無事ありました

下手なセーム皮ユニットと今回の歪みボビンユニットを比較しながら今後の修理方針を決めたいとおもいます

 

つづく