羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

JBL 4401 修理編 ①

f:id:limited_JunkRoom:20190624132047j:plain

JBL 4401 1982年 62,000円 1台

ついに来ました、待つこと37年
感慨深いものがあります

一見汚れていますが各部を観察すると上物です

コーンの変色も少なくツイーター保護ネットもきれいな銀色

f:id:limited_JunkRoom:20190624100455j:plain

フレームの腐食はこの年式にしては極めて少ない

f:id:limited_JunkRoom:20190624132746j:plain

エッジは朽ちています、輸送時に大分落ちてしまいましたが出品画像だと全周に近く残っていたので彼方此方回った物ではなく売主から買い取り店まで1回渡っただけと思われます

f:id:limited_JunkRoom:20190624133153j:plain

f:id:limited_JunkRoom:20190624133205j:plain

銘板もキレイ、シリアルは連番

f:id:limited_JunkRoom:20190624133837j:plain

ネットも汚れてはいるが上等

f:id:limited_JunkRoom:20190624133920j:plain

ネットの銘板もキレイなもんです

f:id:limited_JunkRoom:20190625084054j:plain

もちろん裏の黒塗装も傷みなし

f:id:limited_JunkRoom:20190625084115j:plain

天板の突板は少し焼けていますがお手入れで復活するでしょう

小さい音量で点検します、両ユニット共に音が出ることを確認、アッテネーターのガリもありません、ツマミが長いので痛んでいる個体が多いのですがそれも大丈夫

まずワンオーナー物と思って良さそうです、これだけの上物がオクのジャンク平均落札価格の半額程度で落ちました、もちろん整備品ならえらい価格になります

落札と同時にエッジも手配済みです、いろいろ手を入れるところはあるかもしれませんが37年も待ったのです、とりあえずエッジ貼って音聞きたいです

つづく