羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

PIONEER F-120D

過去の修理歴です

PIONEER F-120D 1985年 49800円

アンプとかデッキに行くと思いました?残念!チューナーです

前作F-120 1982年 45000円は低価格ながら当時の雄TRIOの牙城を揺るがす超高性能機でした・・・デザイン以外は・・・

f:id:limited_JunkRoom:20190409220406j:plain

売れに売れましたが私はあまり興味がありませんでした

そしてアンプ類とともにD付きでマイナーチェンジ

f:id:limited_JunkRoom:20190409220638j:plain

ブラックパネルに赤表示、オプションのサイドウッド付です
急にかっこよく見えます

こいつの持病はプリセットボタンが効かなくなることです
写真が残っていないのが残念ですがソフトな操作感を狙ったのかタクトスイッチとボタンの間にウレタンスペーサーが入っていてこれが加水分解でぼろぼろになりスイッチが効かなくなります

要は新しいスペーサーを入れれば直ります

f:id:limited_JunkRoom:20190409221526j:plain

のり付フェルト2㎜
これをタクトスイッチに貼り付け・・・サイズは適当で

f:id:limited_JunkRoom:20190409221653j:plain

これで操作関係は終了
しかし当事業部は初期性能を取り戻します
調整中の写真はiPhoneの機種変時に消えちゃいましたが

f:id:limited_JunkRoom:20190409222039j:plain

SSGにオシロFFTを駆使して初期性能を取り戻しました
オシロFFTはPCで代用(つかPCオシロの方が便利)できますがSSGは専用機が必要です

MEGURO MSG-2161

f:id:limited_JunkRoom:20190409222458j:plain

はいバカです