羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

Marantz CDA-94 OPAMP交換 ②

f:id:limited_JunkRoom:20210510132441j:plain

引きずり出してきた

天板はアルミ引き抜き材のアルマイト加工

大変豪華である

f:id:limited_JunkRoom:20210510132642j:plain

内部、大変きれいでテンション上がりまする
シャシーは同時発売のCDPであるCD-94の流用、亜鉛ダイカスト製でとっても豪華

しかしシールドが厳重です

 

f:id:limited_JunkRoom:20210510141842j:plain

電源部のシールドを外すと

 

f:id:limited_JunkRoom:20210510141925j:plain

トランスが2個出てきた
DACで3トランス
豪華や

 

 

f:id:limited_JunkRoom:20210510155811j:plain

バランスアンプのシールドを外すと

 

f:id:limited_JunkRoom:20210510155850j:plain

中にもシールド

 

また外す

f:id:limited_JunkRoom:20210510155933j:plain

バランス出力のトランスこんにちは

コアの色から78パーマロイを惜しみなく使った良いトランスです
トランスの底面側もシールドされてます

 

次に底板を外しました、見た目から重いだろうなと摘まんだら持ち上がらないw
いや、力が無いんじゃなくて予想した力の入れ方では上がらずに苦笑い

f:id:limited_JunkRoom:20210510161947j:plain

3ミリ厚の鉄板だよwww

手加減とかコスト意識を知らぬ80年代の良さよ

総重量11キロだもんね

次回、基板を観察しまっす

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp