羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

Technics SU-A6 ⑦

基板改装前、第一便のオペアンプの残りっす

 

NE5532P

非常に普通というか
聴きなれた音です

あらためて比較すると中低域にしっかりした芯が感じられ安心して使えます

でもMUSESなんかと比べると「はっ」とする様な驚きは無いですね

f:id:limited_JunkRoom:20200701162449j:plain

 

 

NJM082BD

これは不思議ちゃん
ふわっと広がり芯が無く、でも出すべき音は出てる

現環境でSU-A6には合わないけどこれだけ変わるやつなら他の環境でハマれば活躍できるかも

試聴したのは上のJRC製ですが部品箱にTIのもありました

f:id:limited_JunkRoom:20200701163618j:plain

 

 

さてこれから基板改修後に本格的に選定しなくちゃいけないのですが

第2便の品種もあるし

今回はバッファとラインアンプ同時に交換したけど違う組み合わせもするだろうしフォノEQの選別も悩むだろうなぁ

あとこんだけ変わるならSUPER BASS BUFFERはいじれないけどトーンアンプも交換できそうだし

相当悩みそうです

 

そして現時点のSU-A6の音なんですが

もうノーマルとは別物になってます

これには本人も驚いています

 

いちど小休止っす

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp