羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

Technics SU-A6 ⑥

続いて色々差し換えます

わしが感じたことは当事業部の環境での事と糞耳なので評価には値しないことをご了承ください

 

OP275

いいっ!芯がしっかりしてる、輝きもあるのに高音に「質量感?」みたいなものが感じられA6の弱点が補われる

Technics SU-A6

 

MUSES01

ぎゅぃ~ん、ちゅぃ~ん
(ビートダウンの音ね)

あ、発振してる、なぜ?
高音質だけど高性能じゃないから発振しにくいはずなんだけどな?
位相補償検討しなきゃ使えませんね

Technics SU-A6

 

MUSES02

おぉっ、超Hi-Fi
OPA827が違う世界の高音質とすればMUSES02は今までの世界の頂点か
しかしながらA6との組み合わせでは高音過多で現状ではやや不適

Technics SU-A6

 

途中ですがMUSESの注意点を

銅リードのため非常に柔らかいと言われていますが

想像以上に柔らかいです

基板に刺さる細い部分が曲がるならまだしも

根元の太いところも簡単に曲がります

両方曲がって「くの字」にもなります

ハンダするとかソケットから抜かないと決める以外は「ダブルソケット」状態にして使用しましょう

あと飲酒オペアンプもやめた方がいいっす

 

MUSES8920

MUSES01の量産Ver、これもいいっ!余韻や空気感みたいな要素はMUSES02が勝るがエッジの当たりが柔らかいので「あ~いい音だなぁ」と思いながら聞けて気持ちいいっす

f:id:limited_JunkRoom:20200630093329j:plain

 

MUSES8820

こちらはMUSES02の量産Ver、こちらはエッジがシャープに決まりなんとも爽快でありますがA6との相性は今一つかな

しかしながらコイツが生きるセットは多いと思う

f:id:limited_JunkRoom:20200630110106j:plain

 

 

差し換えが続きます

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp