羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

独立懸架レーザーアモルファスヘッド

f:id:limited_JunkRoom:20190901141440j:plain

SONYデッキに詳しい方はスルー願いますw

自分でブログ用に写真撮ってると改めて気づくことがあります

以前にTC-K555ESⅡの写真アップした時にLAヘッドの構造が異なることに気づきました

SONY TC-K555ES2

555ESⅡ2号機のヘッド、コア反対側には何もなくケースそのものが摺動面となっています

SONY TC-K555ES2

555ESⅡ、1号機のヘッド、充填剤によってダミーコアと一体成型されています

気になったので他のヘッドも見てみます

f:id:limited_JunkRoom:20190901141544j:plain

555ESXのヘッド、ダミーコア無し

f:id:limited_JunkRoom:20190901141638j:plain

666ESのオリジナルヘッド、ダミーコアあり

f:id:limited_JunkRoom:20190901141847j:plain

交換された666ESのヘッド、ダミーコア無し

少ないサンプルですが当事業部所蔵のヘッドを見る限り「3602A」と記載されているのがダミーコア有りで「3602C」記載がダミーコア無しと思われます

 

だからどうって事ないんですがものづくりって手馴れるとVEっつーか合理化が手抜きに見えて残念な気持ちになります

 

日記でした

 

話変りますがヘッド確認のためダミアン君を見ると

SONY TC-K666ES

ハーフ固定ツメ、ピンチローラーアームなどダイキャスト、サプライピンチローラーアームの調整もナットにイモネジ、カセットホルダーは金属

めっちゃ丁寧に手抜きなしこーゆー機械が大好きっす

 

余談ですがこの位のヘッド拡大写真はiPhoneでも撮れるんだからヤフオク出品者は掲載してほしいもんです・・・