羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

SONY TC-K555ES2 ④

動作はOKなのでお楽しみの清掃です

SONY TC-K555ES2

ヘッド周り、まずまずの仕上がり

 

SONY TC-K555ES2

まずはバラバラにして

SONY TC-K555ES2

プラスチッククリーナーで清掃、透明窓の小傷を取って脱脂⇒ガラスコート塗布、LEDライトは拭き残しの確認用っす

SONY TC-K555ES2

カセットリッドは3枚におろしクリーナー⇒脱脂⇒ガラスコート

SONY TC-K555ES2

うほっ!ピカピカ、たのしいなぁ

SONY TC-K555ES2

ホルダーの「3HEAD」と書いてある所も同様に処理します

SONY TC-K555ES2

パネルもヌルテカ

SONY TC-K555ES2

写真が下手で美しさが撮れない

SONY TC-K555ES2

斜めから、全然だめだけどストップ、巻き戻しボタンのヌルテカ感は撮れたかな

 

試聴

ヘタレなので80年代のSONYテープ開封できずにどうでもいいTDKのBEAM1、SRとか小西六XR1で録音、どうしても録音したいソース出てきたらHF-Sあたり開封しよっかな

じつにしっかりした低音に支えられた安定感のあるサウンド、全体の解像度も文句なし、高音の切れ味も気持ち良い、これが独立懸架LAヘッドの実力か、すばらしい

学生の頃高価すぎて憧れの対象にもならなかった高級機が時空を超えて訪れたかのごとく極上コンディションで鳴る様は大変満足度が高いです

 

555ESⅡ おしまい