羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

KENWOOD KX-9010 ③

せっかくバラしたので点検っす

f:id:limited_JunkRoom:20201120082803j:plain

立派なボリュームw
シャフトのカップリングがゴムなのは面白い

ドルビーと再生アンプはサブボードでマウントされてるのでコネクタの半田を点検したのちに

 

f:id:limited_JunkRoom:20201120083342j:plain

ケイグを極薄塗ヌリぬり
ヘッドのコネクタもケイグ処理

 

f:id:limited_JunkRoom:20201120083522j:plain

再生アンプはM5220、当時のド定番っすね

DOLBY HX PROもド定番のμPC1297CA
録音時は入りっぱなしで切れない構成

 

f:id:limited_JunkRoom:20201120083813j:plain

おっと忘れるとこでした
サンキョーメカのモードスイッチもケイグ処理を忘れずに

 

f:id:limited_JunkRoom:20201120083947j:plain

見える範囲でメインボードの半田もチェック
本人も忘れてるけど入手時に打ち直してますね

 

f:id:limited_JunkRoom:20201120084101j:plain

ツマミ
プラツマミのアルミ被せですがこれだけ厚みがあると触感は金属ツマミのフィーリングになりますね、先のM250のように飲料缶程度の厚みだと触感も缶に感じます

 

f:id:limited_JunkRoom:20201120084350j:plain

これも定番の「ポロリ」

 

f:id:limited_JunkRoom:20201120084427j:plain

でけた (^^♪

 

次回、試運転のまき

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp