羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

お客様がいらっしゃいました ①

2年ぶりにオーディオHPの「よっしーの部屋」のよっしーさんがいらっしゃいました

 

氏は全国津々浦々のスーパーマニアと交流があり当事業部のジャンク品をお見せするのはお恥ずかしいのですがよっしーさんもジャンカーとしての一面もありジャンク品交流記としてお招きしましたw

 

ウルトラアナログディスクマニアの前でレコード掛けられるわけもないので

お題は「スピーカー」

f:id:limited_JunkRoom:20200502154557j:plain

 

さすがに平時のようにスピーカー積み上げて「バッフル効果」なんて言えないのでスピーカースタンド(DS-505)に1機づつ載せ披露していきます

 

トップバッターはゼネラルオーディオの意外な実力つーことで

AIWA S-A60 Techinics SB-F3

40年超のヴィンテージモデル

???あ、当事業部の所蔵品は全部ヴィンテージだったわw

ソースはケータイからBTのapt-x飛ばし

DSLの威力はもとより音像定位などの空間表現の良さを認めていただけました

 

お次は

DIATONE DS-505

を使いケータイからのビットパーフェクトモードをご披露

A5 2020 → FX-D03J → CDA-94 → SU-A6MK2 → SE-A3の組み合わせで聞いてもらいました

氏もネットワークオーディオを組んでいますので詳しいのですが

ケータイ一発でビットパーフェクト出力できる便利さには感心されたようです

 

SANSUI SP-100I

わしの手が万全ではないのでセッティングから手伝っていただきます

まず持って「重て~」と大爆笑

組み合わせは

A5 2020 → FX-D03J → DP-55 → P308 → M508で以後この組み合わせで聞きました

音色の良さは聞き取っていただけました

なんで買ったの?となり「引き取り限定で6000円だったから」引き取り場所は?の問いには「川崎!」と答えると爆笑しながら「そら買うわ」となりましたw

途中adres体験したり飯食いながら午後の部へ向かいます

つづく

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp