羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

お客様がいらっしゃいました ②

お次は

JBL 4401

いや、これが当日は冴えない音でどうしようもなかった

さすがに音についてはコメント少なく「コンディションの良さとエッジの貼り方が上手だね」とほめてもらいました

うん、わしエッジ貼るのは上手なんじゃ!

 

JBL L46

これだよね?間違えて買った奴
えぇ、またもや爆笑です

4401とは打って変わってまさに「目の覚めるような」サウンドが響きます

よっしーさんも「これ本当に4401と同じツイーター?」と信じがたい様子

明るく鳴り響くサウンドもお褒めいただき

わしのネットワークチューニングは間違ってなかったんじゃ!と安堵しました

 

Technics SB-M5

お客様を使って屋根裏部屋から引きずり出します

屋根裏の在庫量を見て驚くような呆れるような表情が印象的です

f:id:limited_JunkRoom:20200502154557j:plain

いきなり情報量の多いエッジの立った、だけれども耳障りにならない音が飛び出します

氏のコメント:なんで何年も寝てるのにいきなり鳴るのか?

わし:いやぁ、まだ交換した電解のエージングも済んでないんだけどなぁ

そして購入の話

引き取り限定で1000円即決!

またもや爆笑

おまけでくれたサブウーハーを売ったら9000円になったので購入価格は「−8000円!」

大爆笑です

 

そして話が進むうちにSB-M5が定価49,800円、よくこの価格でこの音が出るななどと話すうちにTRIO LS-202を思い出されたようです

わしもSB-M5の記事を書いていた時にLS-202を思い出しました

80年頃にオーディオやってた人は皆LS-202を思い出しますよね

安価でも名器はあるんですよ

両方使用経験のあるワシとしてはSB-M5の方が上です、ただエレキベースの「ゴリッ」とした質感、力強さはLS-202が上ですね

 

さて楽しい時間はあっという間に終わりお片付けの時間です

屋根裏に戻してるとSL-150MK2が目に留まります

f:id:limited_JunkRoom:20200502171940j:plain

むりやり押し付けました

だってこんなの使いこなせるのよっしーさんしかいません

売るにも売れねーし、こんなの

よし、ひとつ片付いたぞう

 

おしまい

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp