羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

SHURE M75ED TYPE2 ⑤

お楽しみ試聴タイムっす

SHURE M75ED2

針を落とし溝の外に落ち溝に入るときに「プルン」と小さく揺れ1回で揺れは収まります、規定針圧で軽く沈み込み必要以上には沈みません

万全ではないでしょうがダンパーもひどく劣化はしていない印象っす

そして・・・

嗚呼、この音だ

涙で視界が滲みます
↑うそ↑

いままでありあわせのB2針で思い出に近づく工夫を繰り返してきましたが

やはりオリジナルは良い

ドスの効いた低音に明るい中高域、特に高域がキラキラ輝いてまさにM75サウンド、聞けない人に説明するのであれば「ワイドレンジ低歪みにして少し躾をよくしたM44」みたいな感じっすね

B2針も悪くはありませんがEDよりローコンプライアンスなので同等の低域を望むとシェル等を重めに設定する必要があります

すると中高域は正確ながらもやや剛直な方向に変化するのであっけらかんとは鳴りにくい傾向になりがちです

オリジナルED2針では重低音と明るい中高域を両立しており

大変満足しています

 

さてここのところのSHURE3本勝負(91GD、91ED、75ED2)の結果最後に選ばれたのは

ドゥルルルルル←ドラムロールっす

SHURE M91GD

M91GDさんです

ボディーはED表記なんだけどね、GD表記のボディーは見たことないや

ただ単にワシの好みっす

どれも甲乙付けがたかったですね
特にM75ED2は派手目ですが楽しく抗しがたい魅力に溢れています

 

SHURE M75のまき おしまい