羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

SHURE M91ED ②

SHURE M91GD

前回GD針で非常に満足しておりましたが・・・
GD針を検索したわけですから某オクの宣伝がSHUREばかりどのページ見ても出てきます

ホント大したものです

で、まんまと引っ掛かるわけですよ

GDに満足していたのでEDの出品物が年代なりにくたびれていればスルーできるのですがとても綺麗な状態

つい迎え入れてしまった次第であります

 

SHURE M91ED

SHURE M91ED

ね?綺麗っしょ?

 

本体ごとの落札でしたが使っていたボディーに挿して聞きました

使っていたのもEDなんで元の姿に戻ったわけです

そんな準備していたらもう一個M91EDボディーが出てきました

コバエじゃあるまいしどっから湧いてくるんだろ?

 

SHURE M91ED

そのほかにも以前投稿したオルトフォンのTM-14がバルクの新品で2個出てきたよ

痴呆老人の戯言はさておいてお楽しみの音だしっす

 

まぁ大体同じ音だよね

 

当たり前です針先形状の違いだけなんだから、誇張表現で「激変激変」ちゅー風潮はどうも信用ならんであります

かといって完全に同じじゃないっす
EDだと高域が繊細ち密になるのですが、よって大人しく聞こえてしまします

GDのあとだと広がり感も大人しくなりがち

まだ短時間の使用ですがGDの方がすきかも

アナログ機器は現物判断しないと判らんもんですね

 

おしまい