羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

Marantz LS-5V ①

Marantz LS-5V

Marantz LS-5V 1998年 20,000円 2本

私は最近まで知らなかった「知る人ぞ知る」名機らしいです

製造元は「TAMON」アイデンの輸出商社でアイデン倒産の際、設計生産含め音響事業を引き継いだ会社との事です

アイデンっつーと12センチフルレンジの「AF-50S」とかホーンツイーターの「AT-7000」が思い出されますが過去にはもっと凝った名機があるらしく自身の見識のなさを思い知らされます

私はクソジジイですがヴィンテージモデル語るにはまだまだ「ケツが青い」様です

このLS-5Vも10センチ2WAYの製品を遡るとアイデンのLB-105から続く由緒あるユニットだそうで

でもこれ鈍器じゃないよね

持った感じもソフトだし即死には至らなそう
でも鈍器系特集に入れさせてもらいますw

 

Marantz LS-5V

全体のコンディションですが「全く問題ありません」
まぁ1998年の製品ですから「新品みたいなものです」

重篤なジャンク脳ですがここ見てる人みな一緒では?

 

 

Marantz LS-5V

うしろから、時代を反映してキャンセリングマグネット背負ってます、現代ではキャンセリング自体は無意味になりましたがユニットへの重量物付加という意味で無意味ではありません

ツイーターは外しませんでした、中は見えたしせっかく綺麗だから下手が下手に手を出さずにいたほうが賢明っす

どうしても見たい方はコメント欄に「いいから見せろコノヤロウ」と書いていただければ外してみます

 

 

S-M3が1ページで終わったのでつづく