羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

ONKYO P-388 ①

f:id:limited_JunkRoom:20220207075150j:plain

ONKYO P-388 1992年 200,000円

先日倉庫で発見

持ってるのは記憶にあるけど完全に忘れてたw

本来M-588とバランス接続で組み合わせる物であるけどM-588なんか持ってないしバランス教に入信していないので興味なかったんだな

あと
トーンコントロールが無い
MMとMCの入力が別

これも興味なくした原因ですね

ワシ、バスレフも使うけど好きなのは密閉で3~40Hzを急峻にブーストしてド迫力の低音出すのが好きなのでトーンコントロールは重視するのであります

もっとも一般的な変化特性のトーンコントロールじゃ使えないんですけどね

P-388を蘇生させるべく引きずり出した理由はネタ、もあるんだけどSB-M5を出したから

SB-M5ならトーン無しでも十分に低音出るので

もう一つの理由はYAMAHAのC-4使ったこと
たしかにいい音が出るんだけどちょっと抜けきらない部分がある、カップリングコンデンサを多用して発売が1978年、初期物だとしたら44年経過しようとしてる

さすがに電解コンは全部交換しないと実力発揮とはいかないだろうね

などの理由から目に付いたP-388を使ってみよう!企画を思いついたのであります

 

つづく

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp