羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

予想外の変化

どうにもFiiO M6の具合が悪い

動作不安定はもとよりスリープ復帰すらできないことが

不良品ではないかと思い始め試行錯誤

その話は後にするとしてとりあえずBTシステムを元に戻します

 

f:id:limited_JunkRoom:20200321111425j:plain

iPhone 256kbps >激安BTレシーバーBT-030>S-A60

上記組み合わせでAACコーデック転送に戻します

やはりiPhoneの安定感はよろしい、何事もなく再生しまする

 

ここで気づいたのは

音がめちゃくちゃ悪い

音像感が消えうせスピーカーにべたぁ~っと張り付き楽しくない

このような変化ってたまにありますよね

少し良くなっただけと思っていたのが戻すことによってその改善効果をはっきり認識できる事って

 

その後少し検証してみて

アンプは音場感に関して関係はなさそうです

あとはファイル(256kbpsAAC or FLAC)、転送(SBC or AAC or aptxHD)、RX(BT-030 or BT-038)の3要素ですが

どうもファイルかコーデックじゃないかと思っております
※BT-038にiPhoneのSBC転送ですごく悪くなるから

組み合わせのできる出来ないがあるから要素1個だけ変えて検証できないのであります

 

これでBT_AUDIOの方針は決まりっす、FLAC & aptxHDもしくはLDACで行きます

 

ひょっとしてワシ沼の入り口に立ってる?

 

おしまい

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp