羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

AIWA S-A3 ①

S-A60でネタ振ってコンデンサーの写真載せて

そこからのA3でございます

うははっ

A3といってもこちらではござりませぬ

SE-A3

 

Technics SE-A3
よく似た品番ですな

 

ではご登場

AIWA S-A3

AIWA S-A3 1980年頃 価格不明

幅20センチのカワイイアンプっす

 

S-A60の部品取りに入手したものの「程度の良さ」やパワーIC「HA1397」を鳴らしてみたい、なによりそのコンパクトさから復活させたく着手であります

 

ではご開帳

AIWA S-A3

巨大なパワートランスが目を引きますが筐体がとても小さいので実は小型トランスであります

ICの能力「20W+20W」が目一杯やろねw

 

AIWA S-A3

リアパネルの基板はフォノEQ

さすがにMCは非対応

東芝の高耐圧プリアンプIC「TA7322P」で構成されとります

4558でも使えば1個で済むのに、ここが拘りポイントなんですかね?

 

つづく

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp