羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

FiiO M6 ①

主人公の登場です

FiiO M6

FiiO M6 2019年 約21,000円(税・送料込み)

機種選択でWALKMAN A55と悩みました

決め手は

WALKMANのコネクタが専用で嫌
※最新のA100ではTYPE Cになりました

WALKMANはCUE埋め込みFLACに対応しているか不明
色々な手法を駆使しているブログも見ますが簡単ではなさそう

上記理由でM6に軍配

いろんな事ができる中華機に比べ国産はまだ制限つけがちだよな、国産ブランドで売るとPCに詳しくない層も買ってサポートが大変とか判るけどもがんばれ、わしだって中華よりSONYが欲しいわい

他にも
DLNA
AirPLAY
Wi-Fi転送
USBオーディオ出力
USB DAC機能
デジタルアウト 勘違い上位機種からだった

などなど何でもできる

ハイレゾだってDSD5.6Mまでネイティブ再生できる

夢のようなプレーヤーだね

 

FiiO M6

付属品はガラスフィルムとTYPE Cケーブル

 

FiiO M6

あとケースまで付いてます

 

しかしながら本体のストレージが2GBしかないのでシステム領域と割り切る必要があり別途microSDを用意します

f:id:limited_JunkRoom:20200301170750j:plain

急ぎ欲しかったのでとりあえず128GB
ちょいと心許ないのですがSDカードに関しては尼より秋葉原の店頭販売で出物が多いので見つけ次第交換であります

ちなみにばおー通販では512GBが8000円程度、1TBが25000円程度の模様です

もうすこし値下がりしたら1TBほしいな

 

そして起動→セットアップとなりますが中華のカスタムアンドロイド機であり、APPLEの様にすんなりいかない事は承知の上っす

 

つづく

 

 

別館

limited-junkroom-mobility.hateblo.jp