羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

National OZMA CJ-SX1200D ①

National OZMA CJ-SX1200D

National OZMA CJ-SX1200D 120,000円 2本 製造終了1986年
※価格は正確な情報ではありません

鈍器系スピーカー最終章は車載用のモンスターです

Technicsは松下電器産業ですが車載機器は松下通信工業で当時は別会社です
※その後車載でもTechnicsブランドを使用しました

恐らくPioneerのTS-X15の対抗馬として登場したとの事

Pioneerがロンサムカーボーイの頃
NationalはOZMA時代と大変古いものです

まずは馬鹿げたスペックから

横幅:365mm
高さ:158mm
奥行:210mm
重量:6.8キロ

ユニットはご覧のとおり段ボールハニカム振動板の4WAY

どんだけデカイか、SB-M5に載せてみます

National OZMA CJ-SX1200D

SB-M5より幅大きいです

こんだけデカイと当時どれほどの車に積めたのでしょうか?重量的にハッチのボードじゃ絶対持たないのでセド・グロかクラウン以上の車格じゃないと無理っすね

National OZMA CJ-SX1200D

後姿

イルミネーションが登場する前の世代なのでシンプル

じつに試聴がたのしみな1台なのですが1枚目の写真でお分かりのようにエッジが抜けてますのでエッジのお手当てから始めます

 

つづく