羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

Audio Technica AT150E/G

Audio Technica AT150E/G

Audio Technica AT150E/G 1979年 25,000円

カートリッジ箱いじってたら目につきました

近年、新VMシリーズが出ましたがかなりお高くなっちゃいました

時代に合わせリファインしてるんだろうけど基本は一緒でしょ、また30年以上聞いてないので青春の思い出よまだ鳴るかとの思いで載せてみました

針はAT160MLに交換しています

スタイラスガードのノッチが甘くなって下がってだらしないです、こーゆー些細なことで使う気無くすんですよね

 

 

Audio Technica AT150E/G

WE-308が載ってるのでそのまま装着!しましたがバランス取れませんサブウェイトでなんとかなりました

 

なつかしいサウンドが響きます

レンジも広く高解像度、現代でも全然通用する音です

だがしかし煌びやかな個性も健在、華美華麗も度が過ぎると嫌味になりこれが原因で使わなくなりました、AT33E&LCOFCも同じ理由でお蔵入りっす

当時は重宝したんですよ、なぜかと言うと

カセットに録音するのが目的だから

3ヘッドデッキ使ってソースと変わんないよ!なんて言ってるのは精々10パス程度で使い込むと音が鈍りますが派手なカートリッジで録音しておくと補正されていい感じになるんですよ

時代のニーズに合っていたと思います

惜しむらくはMLX買わなかったこと
そのときはAT33VTG&PTG使っていたのでAT150系は眼中無かったっす、のちの楽しみの幅を狭めたなぁ

 

おしまい