羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

TRIO KENWOOD LS-10 2台目 ①

TRIO KENWOOD LS-10

今回はLS-10の2台目の修理依頼っす

依頼者は前回と同じKY氏

わし:なんでおんなじモンをわざわざ・・・
KY氏:だって程度の良いブツがドフで1,500円だったから・・・

わかる、わかるぞう

好きな機種が捨て値で並んでいたら、しかも送料掛からないし

これで前回ツイーター部品取りした個体含め3セット目ですな、わしもSC-101の時は3セット確保でえらい目にあったなぁ

さてエッジ抜けはともかく音だしチェックするとユニットの断線はなさそうです

エッジ貼って終了か
と気軽に引き受けたら予想しない障害に出くわします

ま、顛末はおいおいと

分解ついでに前回撮ってなかった写真紹介します

 

TRIO KENWOOD LS-10

ウーハー配線、前回言葉でお伝えしました、錦糸線を長くカットして硬いリード線で縛るようにからげてハンダ付け、取れやしない・・・

話変りますがLS-1000の時は1.25sq位のビニール線7本撚って「リッツ線」なんてアホな配線材をユニットにハンダ付けしてたのも難儀しました、んなのリッツ線じゃないわい

 

TRIO KENWOOD LS-10

吸音材と補強の様子
ウーハーの抜き板貼ってそこにフェルト状の吸音材貼ってます

 

TRIO KENWOOD LS-10

ウーハー穴からターミナル/ネットワーク覗くとこんな感じ、小型故かコスト故か他に補強は入っていません

 

TRIO KENWOOD LS-10

ウーハー型番「LC-0131」

 

TRIO KENWOOD LS-10

ツイーター型番「HF-0109」

 

エッジをオクで注文しあとは貼るだけ

 

つづく