羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

SONY TC-K222ESJ ④

まずまず安定動作に見受けられるのでお楽しみの磨きタイムっす

SONY TC-K222ESJ

いつものように脱脂→タッチアップの後
全体をプラクリ→脱脂→ガラスコートで仕上げます

SONY TC-K222ESJ

ぴかぴか

SONY TC-K222ESJ

やっぱセンターメカはデザインがまとまりませんね、表示部が小さくなっちゃうのとボタン/つまみレイアウトが間が抜けちゃう222ESJの場合はパネル右上が間抜けな印象です

使用した印象

オートテープセレクター:いいですね楽なのも良いのですが操作ミスが無いのが気楽に使え好きです

パワーローディング:嫌う向きもありますが元々AKAIファンの私は付いてて当然で違和感なしっす

他にメカ動作も静かでよろしい

音:SONYデッキらしい厚い低音に支えられた安定サウンドです

 

SONY TC-K222ESJ

購入時、故障で閉じ込められていたテープ、ピンクのAXIA、どんな恥ずかしい音楽を聴いていたのかワクワクしながら再生すると「落語」でした

落語だからお年寄りとは限りませんがお年寄りが使い倒していたのなら汚れ切ったメカも納得ですね

そしてオチ

色々再生してご満悦でした、さあ録音と準備をすると左の入力が反応しません「あーっ、もう!」と怒り気味で点検して犯人発見

SONY TC-K222ESJ

入力VRっす、割れてます

いよいよ無事に直りましたが各種レベルがずれ気味な気がします
でも信用ならんメカなのでテストテープ通すわけにはいきません

この辺もESL/ESAの修理を待って後日検討します

 

一旦222ESJはおわり