羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

SONY TC-K555ES2 ①

SONY TC-K555ES2

SONY TC-K555ESⅡ 1984年 99,800円

数年前ち~ば県のドフに汚れ果て埋もれていました、この時もデッキに呼ばれました「ワイまだいけるでぇ~」って

ヘッドを確認するとほとんど摩耗していません
4kは高いなと思いつつも極上の独立懸架LAヘッドだけで売価以上の価値があると判断し確保しました

故障症状は「キャプスタンモーター回らず」
調べるとドライブICでした、品番CX10031・・・SONY内製の専用品かよ・・・さらに調べると555ESⅡか666ES、777ES~777ESⅡ辺りにしか使われておらず入手は絶望的でしばらく寝かせていました

部品取り機探すにも555ESⅡか666ES、777ES~777ESⅡ、777は高額で大体777入手したらそっち直すに決まってるのでドナーは555ESⅡのみとなります

まぁそのうち直ればいいやと思い出した時だけオクを見ていましてある日お安く落ちてきました

これで修理対象機とドナーが揃いました、安心して屋根裏に格納し1年近く存在を忘れていました

※修正:CX10031使用機種は555ESⅡ、666ES、777ESⅡのみ

重い腰が上がった理由①

「身に覚えのない着弾」シリーズです、BHF、JHF、UCX-S、DUADなど次々に着弾し開封する気はありませんがこれらテープは昔なら何のデッキでも使えましたが希少となった現代においてSONYデッキ以外で使う気にはなれません

理由②

以前修理依頼を受けた555ESLで少しばかり録音を楽しみました、どっしりした低域に支えられた音質は愛用のAKAIデッキと異なりこれはこれで魅力的です

と言うことで555ESⅡ修理開始です