羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

SANSUI SP-100i ⑤

購入したエッジを当ててみます

SANSUI SP-100i

このエッジ、相当硬いです、フレーム⇔コーン間のクリアランスも少なくいつものように接着剤塗布してからエッジを潜らせるのは厳しそうです

 

SANSUI SP-100i

エッジ外周です、貼りしろが数ミリしかありません、汎用エッジだからしょうがないです

 

このような状況から今回はエッジ外周を先に貼ってコーン側は後から貼ることにしました

 

SANSUI SP-100i

接着剤をたっぷり塗って固定します

 

SANSUI SP-100i

外周が動かない程度に固まったらコーン側を接着します、センター出しを外周では出来ませんので内周はしばらく固まらないで欲しい、接着面は見えませんから水性ボンドをたっぷり塗ります、コーン裏側は繊維が見えザラザラしているので水性ボンドでも付くでしょう、前々オーナーが塗布した得体の知れない接着剤的なものも付いていますので・・・これでセンター出しの時間が稼げました

 

SANSUI SP-100i

センター出し完了です、固めのダンパーのおかげですんなり出ました
もうすこし乾燥してから

SANSUI SP-100i

トルエン漬けにしたゴムリングを清掃して装着します、と書くのは簡単ですがそりゃあもう壮絶な得体の知れない「ねちゃねちゃ」との格闘です

あ、また後ろ足の蹄写っちゃった・・・

 

次回、壮絶な格闘の終了です