羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

着弾 20190513

身に覚えのない着弾シリーズ(化)になります

f:id:limited_JunkRoom:20190512162615j:plain

SONY CHF 1978年~ C60 400円

最近着弾が多くなっている気がします、氏はお値打ち物しか手を出さないので良いものがあったのでしょうか?

発売当時は1流メーカーの最廉価版との意識であまり買った覚えがありません、当時より安売り店舗はありましたので実売価はLHタイプ(BHF、ADなど)と数十円しか変わりませんでしたのでオーディオ好き少年は(昔はけっこう居たんですよ)LHタイプを好み音にこだわらない層や深夜ラジオ録音用にこれらLNタイプが好まれていました

※LNタイプ SONY CHF TDK D Maxell UL FUJI DRなど
ローノイズを略してLN 一番ノイズ多いんですけどね

LHタイプ SONY BHF TDK AD Maxell UD FUJI ERなど
ローノイズハイアウトプット ここらからほんとうにローノイズ、ノイズリダクション無しでもギリ実用になります

しかしながら数回は使用した覚えがあります、本当に記憶の彼方なのでいいかげんな個人の感想ですが

SONY CHF ナローレンジながらも細かい音が録音できて音質を気にする用途でなければ使えるなと好印象を持った覚えがあります、ノイズも多いながら気になりにくい

TDK D もう中音域の声の部分しか出ない感じ、音質も粗い、ノイズは意識しなくても耳に「シャーーー」とずっと鳴っている

他のLNタイプもメジャーどころは1回は使っているはずですがあまり記憶にないですね、まぁどうでもいい用途に使いましたから

今回のブツはシュリンクの焼けもなく擦れも少なく上物ですね、「懐かしのカセットテープ博物館」さまによりますと左下の種別表記がTYPE1表記であるため1979年以降の後期型になる模様です

懐かしい方もいらっしゃるのではないでしょうか?

あっぷでドン

f:id:limited_JunkRoom:20190512165819j:plain