羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

Technics 5HH17SM

ものすごく久しぶりにドフで獲物見つけました

f:id:limited_JunkRoom:20190505174540j:plain

f:id:limited_JunkRoom:20190505174612j:plain

三松葉と型番からEAS‐5HH17の派生モデルであることは一目で判ります、この国立科学博物館も所蔵する伝説のツイーターをいつか聞いてみたいと思っていました

いまさらの御託になるのでご存知の方は読み飛ばしてくだされ

伝説

1 製造過程の特性検査であまりにフラットな特性に検査員が上司に対し「計測器おかしいっす」と訴えたらしい

2 オーディオ各社がこのツイーターをこぞって採用し5HH17を搭載しないスピーカーは売れないとまで言われた

私がすぐに思い出すだけでもクライスラー(非自動車、昔の国産スピーカーブランド)サンスイソニー、トリオ、TEAC、など、他にも採用例はあるとおもいます

3 国立科学博物館所蔵

さて今回のものは5HH17SMとの表記です、いままでタイトルにはメーカー⇒機種と記してきましたが今回の「SM」は検索しても情報が得られません
OEM用だと供給先のブランド、型番が記してあることが多くTechnicsスピーカーシステム組み込み用かも知れません
製造も1965年発売のTechinics1が初採用でこのころは松下電器産業だったはずですが1976年に松下電子部品に分社しているので後期モデルは松下電子部品製になるはずですが、話細かすぎましたね
ま、表記だけではブランド特定できずで表記のみタイトルに持ってきました

話変りますが10年以上前にドフの床にTechnics1が5000円で転がってたのスルーしたのが悔しく覚えています、当時はそんなに興味なかったのかなぁ

さて音を聞いてみたかったのですがツイーターだけじゃどうしようもありません、手持ちの死蔵所蔵品で合いそうなのはサンスイのSP-LE8Tでしょうか、これもある意味伝説ですしサンスイのスピーカー自体初号機に5HH17を採用し快進撃の口火を切ったわけですからお似合いと言えますね、JBL LE8Tに思い入れはありますがサンスイ箱に特に思い入れはないので穴開けてマウントしてみようと思います、どうせ格子の奥にあるネットで見えませんしね

(スピーカーボックスの上にユニット載せるのきらいなんです、安直というか工夫が無いというか)

今回のおねだんは3240円、オクでもこのくらい綺麗だともっと高値ですし送料もかかります、まずますお値打ちと喜んでいたのですが会計時に「袋は有料で5円になります」言われムッときました、毎日使うスーパーが有料化完了してからやれや

 

追記 2019/9/4
Web巡回中にTechinicsのセパレートステレオに搭載されている情報を見つけましたので単に「5HH17」から「Techinics 5HH17SM」にタイトル変更

本文中のOEM供給先に「TEAC」追加