羽田電器産業 ステレオ事業部

古いステレオを収集し修理で四苦八苦する様を晒すブログです

TDK MA-R

Cカセの着弾があったので最近復活させたテープの話題です

f:id:limited_JunkRoom:20190419084917j:plain

 

TDK MA-R 1979年 C46 1750円 C60 2000円

f:id:limited_JunkRoom:20190418202733j:plain

TDK MA-R 2型 1981年 C60 1550円

f:id:limited_JunkRoom:20190418202833j:plain

TDK MA-R 3型 1983年 C60 1600円

開封MA-Rは所有していないので上記は拾い画像です

 

メタルテープ登場と同時にいきなり度肝を抜くダイキャスト&アクリルハーフ


※本当の初登場は・・・

SCOTCH META FAINE C46 1987年末 1350円

がやや先行しました、MA-Rと同時に

SONY METALLIC 1979年 C46 1250円

も登場し話題になりましたがMA-Rの存在感には1歩も2歩も及びませんでした

また当時のカセットデッキSONYなど自社テープを装着したカタログ以外はほとんどMA-Rを装着していました、まさに時代の寵児であり鑑であったと思います

 

そんなMA-R、当事業部に未開梱品はありませんが大事に使っていた数本はあります、しかし悲しいかなテープメディア、テープ自体がよれよれになってきます

よれよれになってもMA-R、良いものであることには変わりません
虎屋の羊羹みたいなものでしょうか

じゃ巻き替えましょうか

f:id:limited_JunkRoom:20190418205531j:plain

ドナーは1991年のMAです、もちろん新品を開封します、本来は当時のMAで巻き替えなければいけませんが1979年のMA C46は当事業部にも1本しかなく開封できません

ところがMA@1991を開けると

f:id:limited_JunkRoom:20190418205835j:plain

カビ???

しかし片面しか変色していません

しょうがないもう一本開封するか・・・

f:id:limited_JunkRoom:20190418205941j:plain

あいや~こっちも変色してる

しかし今までのカビテープとは異なる変色、しかも2本とも片面だけ・・・
指でこすっても何らの変化なし、よく見るとスリップシートに沿って変色してる

長期在庫によるスリップシートとの擦れでできたコート剤の粉末か?

いづれにせよMAの46はもう在庫無いし進行しなけりゃカビじゃないと自分に言い聞かせ組んじゃいました、経過観察は必要ですが

※ちゃんとハブも組み替えましたよ

f:id:limited_JunkRoom:20190418202450j:plain見る人が見ればバインダー(テープの色)が茶色っぽいとか突っ込みどころはありますがとりあえず新品テープのMA-Rができました

なにを録音するわけではありませんが満足です

f:id:limited_JunkRoom:20190419092132j:plain

f:id:limited_JunkRoom:20190419092148j:plain